【ジェットストリームエッジレビュー】0.28mmの油性ボールペン現る

今回はボールペンのレビュー記事になります。

三菱鉛筆の世界最細油性ボールペン「ジェットストリームエッジ」です。
たまたま店頭で見かけて、衝動買いしてしまいました。

使い倒しての徹底解剖!ではありません。
第一印象を主観的に紹介していく記事になります。

参考になれば幸いです。

「世界最細」は2019年8月現在(三菱鉛筆調べ)

目次(クリックでジャンプ)

ジェットストリームエッジは極細0.28mm

ジェットストリームエッジ
引用元:三菱鉛筆株式会社
  • 品番:SXN-1003-28
  • インク色:黒
  • 軸色:ブラック・シャンパンゴールド・ネイビー・ホワイトレッド・オレンジ(数量限定)
  • ボール径:0.28mm
  • 替芯:SXR-203-28

ジェットストリームエッジの特筆すべき特徴はなんといってもボール径0.28mm。

実に細い。

ジャットストリームエッジ

発売当初は売り切れ続出だったみたいですが、だいぶ需要と供給のバランスが取れてきた感じですかね。

私は今回ネイビーとシャンパンゴールドの2本購入しました。

とにかく細い、ボール径:0.28mm

ノートにびっしり書かれたイラスト
引用元:三菱鉛筆株式会社

まずペン先の細さ。
これは「細い!」の一言につきます。

普段使いしている手帳の罫線が結構細目(約4mm幅)で、その手帳用として抜群の書きやすさを発揮しています。

  • 製図などの細かい作業
  • びっしり文字を書きたい派
  • とにかく細い文字が好き

こんな方には非常にオススメのボールペン。
売り場にテスターがあれば、線の細さを是非体験してみましょう。

ペン先0.28mmの書き心地はガリガリ感あり

ジェットストリームといえば、低粘度特有のなめらかな書き心地が特徴のひとつ。
私は0.7mmのジェットストリームも愛用しているのですが、0.7mmに比べるとなめらかさは劣ります。

あくまで比べたらということで、ペン先が細くなればなるほどなめらかさが低下するのは仕方ありませんね。

0.7mmは逆になめらかすぎたので、この辺は好みもありますね。

ジェットストリームエッジはデザインが秀逸

水面に触れる手
  • マットな色合い
  • クリップのデザイン
  • 事務用品感がない

ジェットストリームエッジ、かなりカッコイイ。
メカ感があってすごく好み。

商品名の印字も、本体と同色で主張が少ないのも好印象です。
商品名が目立つと一気に事務用品感というか、消耗品感が出てしまいますからね。

ノックの固さもやや硬めで心地よい。

ポイントチップで書きやすい

ジェットストリームエッジのペン先

「ポイントチップ」というのは、ペン先にかけてスリムに絞った形状のこと。

「ペン先に隠れて書いた文字が見えない!」なんてことがないように工夫されています。

高評価ポイントですね。

このおかげでくびれが出来て、デザイン的にも効果的。

デザインとしてはかなり高評価。
この価格帯でこのデザインなら申し分ありません。

クリップは見た目◎・性能は△

ジェットストリームエッジのクリップ

ジェットストリームエッジにはオシャレなクリップが装備されています。
この見た目、好きですよ。

だけどね、見た目はいいけど使い勝手としては△。
形状の都合でしっかりと奥まで挟めないんですよ。

例えばノートとかに着けておくと、ノートから飛び出す部分が多い。

だから何だって事はないんですが、奥までしっかり差したい派の自分にとっては不満ポイント。

改善して欲しいな。

価格は可もなく不可もなく妥当

可もなく不可もなく

ジェットストリームエッジはボールペンとしては高く感じますが、素材・デザインを考えれば妥当なとこ。

替芯も販売されているので、一度買ってしまえば後は替芯を買うだけ。

長い目でみれば高額なボールペンではないと思っていますが、ボールペンとして安いかと言われればビミョーなライン。

衝動買いできる程度の絶妙な価格設定だと感じます。
やるな、三菱。

本体を買うと黒インクのみ、他の色は替え芯で買う

ジェットストリームエッジは黒インクの商品しかありません。

替芯には黒・赤・青と3色ありますので、黒以外で使いたい方は替芯で対応しましょう。

これはちょっと不親切よね。
色ペン派も多いでしょうから、あらかじめ色ペン装着商品があってもいいのになと思うところです。

まとめ:デザインが好きなら買いなボールペン

ノートに図を書く

衝動買いしたジェットストリームエッジについて紹介してみました。

徹底解剖!ではなく第一印象のようなものですので、参考程度にして頂ければ幸いです。

太いペン先に比べ書き味のサラサラ感は若干劣ります。
ペン先の細さを考えれば全然許容できるレベルで、さすがジェットストリームといった印象。

私的には、書く方の性能よりもデザイン性の方に魅力を感じています。
この価格帯でこのデザインは非常に優秀なのではないでしょうか。

事務用品感満載のダサいボールペンが無料で頂けたとしても、私ならお金を出してジェットストリームエッジを買いますね。
自分の気に入ったデザインのものは大切に使うので、結果的には長持ちしてコスパも◎。

なによりお気に入りの道具を使うとモチベーションが上がる。

価格や在庫も安定してきているようなので、気になってた方は購入のご検討を。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次(クリックでジャンプ)
閉じる