【グリル・火起こし・炭】バーベキューならとりあえずこれ【おすすめ1選】

今回の記事はタイトルの通り。
バーベキューやるならとりあえずこれ買っとけ!

我が家もあれこれ試行錯誤を重ね、現在のバーベキューグッズに落ち着きました。

よくある「おすすめ●選!」記事ではありません。

【おすすめ1選!】であります。

たくさん候補があっても迷ってしまいますからね。
我が家が使っているものをそのまま紹介します。

べらぼうに高額なものもありませんし、入手困難なものもありません。
ネット・ホームセンター・アウトドアショップに行けば手に入るでしょう。

北海道の夏は短いですからね、躊躇している暇はありません!

目次(クリックでジャンプ)

コンロ・グリル・焼台部門:ファイアグリル(No.683040)

ファイアグリル全景

コンロ・グリル系は何台か購入。
現在はユニフレーム社の【ファイアグリル】に落ち着きました。

とりあえずこれ買っときゃ間違いないです。

ファイアグリルの仕様

  • サイズ
    ・使用時:約430×430×330(網高)mm
    ・収納時:約380×380×70mm
  • 材質炉
    ・ロストル:ステンレス鋼
    ・スタンド・焼網:鉄・クロームメッキ
  • 重量:約2.7kg
  • 分散耐荷重:約20kg

高さが丁度良く、イスに座っても床に直座り(行儀悪い)でもイケる丁度よい高さなのです。

サイズ的には、大人4人であれば問題ないと思われ、家族BBQには最適サイズだと思います。
組み立て式で、収納時にコンパクトになるのも見逃せないオススメポイントです。

大人数でやることが多いならラージサイズの方がいいかな。

ファイアグリルのココが好き

  • 炭の補充がしやすい、火加減の調整がしやすい
  • 1台でBBQ・焚火を楽しめる
  • めっちゃ丈夫(耐荷重20kg
  • 収納するとコンパクト

網と炭の間に距離(高さ)があり、土台(炭側)と網で90度角度がズレて隙間があります。
これにより火ばさみなどで炭の移動や補充が容易にできます。

つまり、火加減の調整が簡単にできるのです。

炭を入れるスペースも中々広いので、もちゃもちゃすることもありません。
これはファイアグリルをおすすめしたい最大の理由です。

ファイアグリルで炭調整
隙間・高さもあり火ばさみも容易に入る

バーベキューからはやや脱線しますが、網を外せばそのまま焚火台として使えます。

我が家はキャンプも好きでよく行くのですが、キャンプ最大の楽しみは何と言っても焚火
丈夫なのでたくさん薪を入れても全く問題なし。

足もあるので直火禁止のキャンプ場でも心配いりません。

ファイアグリルで焚火

バーベキューグリル・焚火台として3年以上20回以上使っていますが、全く壊れる気配もなく現役バリバリです。

ファイアグリルのココがイマイチ

  • オプションが豊富だが価格が高い
  • 収納ケースが別売り

ファイアグリル、オプションパーツが非常に豊富にあります。

オプション豊富という点だけ見ればメリットなんですが、オプションパーツがそこそこ価格が高い
欲しくなるけど、そのお金出してまで必要かっていう価格設定なんです。

収納用のケースもそう。
オプションとして別売りしてるんですが、何とも手を出しにくい価格設定。

なので、私は購入時の箱にそのまま収納しています。
折りたたむと割とコンパクトになるので、箱にしまうのも全く苦ではありませんよ。

火おこし器・火消しつぼ部門:火おこし兼用火消しつぼ(HOT-150)

火おこし器全景

火おこし器なんて必要?って方、一度使うともうやめられません。
ほんと便利。

今回紹介する商品に関しては、火消しつぼとしても使えるので一石二鳥なGOOD商品です。

そもそも火おこし器って?

「火おこし器」読んで字の如く、勝手に火おこししてくれる便利な道具です。
小さな煙突のようなイメージですね。

「煙突効果」という原理を使って、火を起こします。

炭とたきつけ材をセッティングすればあとは放っておくだけ、うちわで仰ぐ必要はありません!

火おこし兼用火消しつぼの仕様

  • サイズ:幅約直径15×高さ25cm
  • 重量:約1kg
  • 材質:スチール

丸っこくてカワイらしいフォルム。

単純な構造なので壊れにくいです。

火おこしつぼの使い方

直火禁止の場所では、必ず焼き台の上などで使用しましょう!

STEP
上下のフタを開ける

上下にフタがあるので、両方とも外します。
底網のある方を下にして置いておきます。

火おこし器のフタを開けた状態
直火禁止の場所では、設置場所に注意しましょう
STEP
底網の上に炭を入れる、底網の下に焚き付けを入れる

底網の上に炭を立てて入れていきます。
クズ炭ではなく、いきなりしっかりした炭を入れてOKです。

底網の下に焚き付けを入れます(置きます)。

焚き付けは絞った新聞紙でも大丈夫みたいですが、我が家は新聞を購読していない!
なので「文化たきつけ」にお世話になっています。

文化たきつけは2つあれば充分。

火おこし器に炭を入れた状態
より燃えるようにとダンボールを入れたが効果はなかった・・・
火おこし器に使うたきつけ
文化たきつけは2つで充分
STEP
たきつけ材に着火してひたすら待つ

底に入れたたきつけ材に着火、あとは待っていれば炭に火が付きます。
15分も待てば充分ですね。

火おこし器に点火
火おこし中

↑よりよく燃えるようにと炭の隙間にダンボールを入れてみました。
結果、全く効果なし!炭だけでOKです。

STEP
火のついた炭をグリルに投入

炭に火が付いたら、取っ手を持ってグリルの炭入れ部に投入しましょう。
これで火おこしは完了!あとはバーベキューを楽しむだけです。

火のついた炭

火おこし兼用火消しつぼのココが好き

  • セッティングすれば自動で火おこしできる
  • 火消しつぼ兼用でコスパがいい
  • 単純な構造で丈夫(テキトーに扱っても全く問題なし)

私、アウトドアとかキャンプは大好きなんですがスキルが全くない。
火おこし器があればスキルなんて全く不要。

放っておけば真っ赤に燃えたイイ感じの炭が完成します。

火消しつぼとしても非常に便利です。
炭が鎮火するまで火の番をする必要もありません。

炭を入れて蓋をする。それだけです。
あとは放置しておけば酸欠になってすぐに鎮火です。

鎮火した炭は、再利用可能です。

今回紹介している「火おこし兼用火消しつぼ (HOT-150)」。
火おこし・火消し兼用(同時にはできない)なので、コスパ的にも非常にオススメです。

火おこし兼用火消しつぼのココがイマイチ

  • デザイン性は良くない
  • 丸く長いので収納美に欠ける
  • フタを閉めた状態だと上下がわかりにくい

家で使う分には何の不満もありません。
ただ、キャンプなど運搬が必要な場合、丸く長いので場所を取ります。

これがプチストレス。

私のキャンプ道具を選ぶ基準は、収納時のコンパクトさ>性能>価格なので、やや不満。

炭部門:安い木炭

焚き火を囲む男性達

炭もけっこう奥が深くて、一時期色んな炭を買って試していました。
そしてね、気づきました。

家でやるバーベキューならホームセンターで普通に売っているナラ・マングローブの木炭で充分です

ホームセンターで一番安い木炭(ナラ・マングローブ)

  • ナラ
  • マングローブ
  • オガ炭
  • 豆炭
  • 備長炭

炭にも色々あります。

家庭用バーベキューであればナラ・マングローブあたりのリーズナブル木炭で充分。

最近はホームセンターの安い炭でも、形が整っているしサイズもしっかりしています。

  1. 着火しやすさ
  2. 手に入り易さ
  3. 価格の手ごろさ

とりあえずこの3点さえ揃っていればOKでしょう。

そもそも家バーベキューの魅力って、料理としての完成度ではなく雰囲気や解放感。

  • バーベキュー独特の雰囲気
  • 仲間や家族との会話
  • 外でご飯を食べる解放感

バーベキューの意義を考えれば、安い炭で全く問題なし。

おいしいお肉や海鮮を最高の焼き加減で食べたければ焼き肉屋さんに行くべきです。

バーベキューの重要ポイントは、料理の完成度ではなく雰囲気と会話なのです!

たぶんマングローブが最安ですが、少し値が張ってもいいならナラがおすすめ。
ナラの方が煙が少ないので、バーベキューがやや快適になります。

まとめ:お気に入りのバーベキューグッズを見つけよう!

こちらを見る猫
  • グリル(焼き台)
  • 火おこし器
  • 火消しつぼ

この内炭以外の3つは一度買ってしまえば半永久的に使えるものです。
じっくり吟味してお気に入りのものを購入したいところですね。

自分自身で色々使い比べるのが一番ですが、当然お金も時間もかかります。
最近だと、ブログ記事でユーザーの率直な感想を調べるのは非常に有効な手段ですよね。

この記事も、バーベキューグッズに悩んでいる方の参考になれれば幸いです。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次(クリックでジャンプ)
閉じる