【WONDERBOOMレビュー】屈強でかわいいBluetoothスピーカー

今回はBluetoothスピーカー「WONDERBOOM」の紹介記事になります。

このBluetoothスピーカーは2017年発売のモデルで購入。
全然最新レビューではありません。

  • WONDERBOOMの特徴
  • WONDERBOOMのイマイチポイント
  • Bluetooth接続(ペアリング)手順

今記事では主に上記3点について紹介しています。

Bluetoothスピーカーは種類が多くて選べないという方、参考程度にでも読んで見て下さい。

防水性能もバッチリなので、アウトドアに超オススメ。

目次(クリックでジャンプ)

WONDERBOOMはアウトドアに最適なスピーカー

スピーカー全景
  • 最大サウンドレベル:86dB
  • 連続再生:10時間
  • ワイヤレス通信範囲:30m
  • 耐水性:IPX7
  • デバイス同時接続再生:2台
  • サイズ:高さ102mm×直径93.5mm
  • 重量:425g

コンパクトで音量も音質もそこそこ。

Bluetoothスピーカーなので当然ワイヤレス。

更には防水性能が完璧なので我が家ではアウトドアのお供として大活躍中なのです。

見た目的には角ばっていなくて丸っこいフォルムも可愛いやつです。

ちなみに充電端子はmaicroUSB端子。
充電しながらの使用も大丈夫です。

可愛いフォルムと屈強な防水性能

水を浴びる男

WONDERBOOMの特徴は何と言ってもコロっとした可愛らしいフォルム。
サイズ的にはグループフルーツくらいでしょうか。

フォルムに加えてカラーリングも絶妙。
甘すぎず辛すぎず、どちらかと言えば甘い寄りなカラーラインナップなのです。

  • ブルー
  • ブラック
  • レッド
  • ピンク

「しっとり大人の」というよりは「ポップで元気な」カラーリング。
カッコよさというよりは可愛らしさを押し出したデザインという印象です。

私が購入したのはグレー。
黄色い操作ボタンとの組み合わせがイイですよね。

可愛らしい見た目とは裏腹に、防水性能はかなりエグいです。

「IPX7」という規格を満たして、水深1mに30分間浸すことが可能みたいです。

ま、水に浸せば音なんて聞こえないんですけどね。

万が一水に落としても平気だよって意味では安心感ありますね。

防水性能とフックにより風呂場でも活躍できる素質

WONDERBOOMで見逃せないポイントがハンキングループ。

ハンギングループ
黄色い紐がハンギングループ

これはフックなどにかけてぶら下げるための紐。

高い防水性能とこの紐。
風呂場で使うっきゃないでしょ。

「引っ掛けて使える」というのは、インドア・アウトドア問わずハンディタイプのスピーカーの使い勝手を物凄く向上させます。

充電端子カバーの防水性能は不安

IPX7の防水性能で不安な点が一つ。
充電ケーブルを差すところの蓋が結構ガバガバ。

充電部

本当にこれで水に浸しても大丈夫?

水場で使う場合、必ずこの蓋は確認すべし。

もうちょっと何とかならんかったのかこの蓋。

音質はぶっちゃけそこそこなWONDERBOOM

音楽を聴く女性

ぶっちゃけ音質はそこそこ。
低音が割とはっきり出るので、チープな音には感じません。

高音質かっていうとそうでもないし、低音質でもないいわゆる「フツー」の音質。

ま、所詮ワイヤレスなハンディタイプなBluetoothスピーカーですからね。
高音質を期待するのは筋が違います。

それから、音量も結構あるので屋外使用でも全然オッケー。
あんまり大音量でも周囲の迷惑になるのでそこまで大音量にはしないんですけどね。

BGM的に音楽を流しておく用途であれば何の不満もなく使える性能です。

実はステレオ再生も可

WONDERBOOMを2台接続してステレオ再生もできるそうです。
私自身使ったことがなく、必要性にも疑問を持ったので今回の記事では全く触れません。

2台買うなら、そもそもステレオ再生できるBluetoothスピーカーを買ったほうが良いのでは。

音にこだわりのある方は、もっと上位機種を購入した方が無難でしょうな。

WONDERBOOMは操作音が大きく操作方法がわかりいく

殴る女性

WONDERBOOM、操作音がいちいちうるさい

  • 電源ONのとき
  • 電源OFFのとき
  • ペアリングしたとき

各動作で特徴的な「ぷぉーん」と音が鳴りますが、これの音量がでかすぎる。
初見(初聞)だとまじで驚きます。

ペアリング完了音はまだわかるとして、電源ON・OFF時の音は確実にいらない。

正直、何の目的で音を出すようにしたのか開発担当者に聞いてみたいレベルで不要な音。

電源ON・OFFよりも注意すべき音は省エネ機能。

音楽を鳴らさず放置しておくと省エネ機能により15分位で勝手に電源が落ちます。
このときにも当然電源OFFの合図となる「ぷぉーん」大きな音が鳴るので、油断しているとまじでビビります。

要注意です。

ボタン操作が直感的にできない

本体のボタン操作が直感的にできません。

いやまあ、説明書見ればいいんですけどね。

キャンプにわざわざ説明書を持っています?
BBQするのに説明書持っていきます?
水遊びに紙の説明書持っていきます?

本体上部に各種ボタンがありますが、どれがどのボタンなのか非常にわかりにくいです。

  • 電源ボタン
  • Bluetoothボタン
  • 再生停止ボタン
ボタン説明


充電残量の確認方法もよくわかりません。
音量調整の「+」と「ー」ボタンを同時に押すと充電残量を示す音が鳴ります。

音が鳴るまではできるんです。

だけどその音が一体何を表しているのかわからない。

取説を読んでもよくわかりません。
使う前に満充電にしておきましょう。

Bluetooth接続に必須のペアリング手順

教えて!

WONDERBOOMはBluetoothスピーカーなので、何らかの機材と接続して使うことになります。

私の場合はスマホ(iphoneSE)と接続して使うことがほとんど。
スマホとの接続(ペアリング)手順を簡単に説明します。

  1. 【WONDERBOOM】の電源を入れる
  2. iphoneのBluetooth機能をONにする
  3. 【WONDERBOOM】のBluetoothボタンを押す(音が鳴るまで長押し)
  4. iphoneのBluetoothの接続候補のところに【WONDERBOOM】が出てくるので、タップする
  5. 音が鳴り接続完了

一度接続してしまえば、次回からは3項の操作は不要です。
お使いの端末によっては4項も不要かもしれませんので、その辺は各自ご確認を。

まとめ:アウトドア向きな可愛く屈強なスピーカー

歌う少年
  • 可愛らしいフォルムと強靭さ
  • 防水性能
  • そこそこの音質

高い防水性能、水辺に生えるカラーリングとフォルム。
決してチープではなく、低音もよく鳴る音質。

外遊びにピッタリなBluetoothスピーカー

金額的にも比較的手を出しやすいところを突いてきます。

私的には大満足なBluetoothスピーカー。
現在も絶賛愛用中です。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次(クリックでジャンプ)
閉じる