自己啓発本について考える~読むことに意味はあるのか~【オススメ】

読書が趣味な私。

そもそも読書という行為以前に「本」という個体が好きなんですよね。
しょっちゅう近所の書店をウロウロ。買いもしないのに迷惑な客です。

ここ何年かでしょうか。
入口すぐの平置きコーナーなど目立つ場所に自己啓発本コーナーを設置している書店が多いなと感じます。

ということで、今回は自己啓発本をテーマに書いてみます。

  • 自己啓発本の魅力
  • 自己啓発本の効果
  • オススメの自己啓発本

今記事では主に上記3点について紹介しています。

  • 刺激的なタイトル
  • 魅力的なカバー
  • 著名人の絶賛コメント付きの帯

ついつい足を止めて見てしまいます。
タイトルとカバーのビジュアルで「これ面白そう」と思わせるセンス、素直にうらやましいです。

主観満載ではありますが、自己啓発本について私なりの考えを記事にしてみました。

目次(クリックでジャンプ)

金持ちになりたくて自己啓発本をむさぼっていた

エクササイズする男性

自己啓発本、むさぼるように読んでいた時期がありました。

「お金持ちになりたい」

当時は漠然とそんなことを考えていたのです。
行動力のない私は、転職・起業ではなく、まずは読書で知識を深めるという道を選んだんですね。

  • ナポレオンヒル
  • 松下幸之助
  • ロバートキヨサキ
  • ホリエモン
  • 羽生善治
  • DaiGo
  • スティーブンRコヴィ
    etc・・・

和書・洋書(翻訳版)問わず20冊以上読みました。

自己啓発(じこけいはつ)とは、自己を人間としてより高い段階へ上昇させようとする行為である。「より高い能力」、「より大きい成功」、「より充実した生き方」、「より優れた人格」などの獲得を目指す。

引用元:Wikipedia

むさぼって読んでみて成果が出たのか出ていないのか。
出ていないけど成果がそろそろでそうなのか。

気になる部分でしょう。

自己啓発本については、巷では「読んでも意味ない!」という意見の方も結構多いようですしね。

現状「お金持ち」にはなっていませんが、自己啓発本に全く意味がないかと聞かれると全く持ってそんなことはありません。

気になる本があればどんどん読むべきです。

自己啓発本を読む意味はあるけど成果が上がるかは自分次第

本棚

まず今回の記事で最も気になる部分。

「自己啓発本って読んで意味あるの?効果あるの?」

結論から書けば、自己啓発本を読むことが無意味なんてことはありません。

「自己啓発本なんて読んでも意味ない」という意見ははっきり言って間違いです。
意味のない読書なんてありません。

ただし、自己啓発本を読むことで確実に目標を達成できるかと聞かれれば答えはNO。
そこは本人の頑張り次第でしょう。

「自己啓発本を読んでも目標は達成できない」というのであれば、それは半分正解で半分不正解。

自己啓発本の魅力①読書が苦手でも完読しやすいものが多い

本を読む少女

自己啓発本は読みやすい本が多い。
つまりは本の読みやすさに優れている本が多いと感じます。

これ、結構重要です。

あまり読書の習慣がない方でも、サクッと読めてしまうものが多いと感じます。

読書の入り口という点では自己啓発はオススメのジャンル

自己啓発本の内容とはあんまり関係ないですね。
まずは読書を好きになって欲しい、そんな意味も込めて書いてみました。

翻訳版の書籍は日本語に違和感があり読みにくい場合があります。
まずは著者が日本人のものを選択するとよいかもですね。

自己啓発本の魅力②可能性が0%から1%に上がる

飛ぶ人

自己啓発本、何冊か読んでいると感じます。

「この前読んだのと似たようなこと書いてるな」と。

そう、ぶっちゃけ書いていることは似たり寄ったりです。

  • 自分を高める
  • 成功する
  • お金持ちになる

それらにはおおよそ法則や習慣があって、自己啓発本を読めば知識として蓄えることはできます。
ただしそれを実行できるかは自分次第

私と同じようにたくさん知識はつけたけど行動に移していない方、結構いるでしょう。

知っててやらない・知らないからできない」
この2つってだいぶ大きな差です。

目標を達成できる可能性でいえば0%と1%の差があって、この差って単純に「1」ではなくものすごく大きい。

いろんな知識を蓄えることは決して無駄にならないと信じています。

  • 自分を高めたい
  • 成功したい
  • お金持ちになりたい、

そう思っているそこのあなた。

まずは自己啓発本読んでみましょう。
何かのきっかけにはなるはずです。

自己啓発本の魅力③自分なりの成功哲学が出来上がる

手を広げる女性

成功するにはどうするか、たくさん読んで私なりに辿りついた答えがあります。

「正しい知識と強い信念、そして何より行動力!」by 達

本を読んで知識を蓄えることは非常に重要です。

しかしそれだけではダメ。

行動に移さなくては自己啓発本の効果は発揮できません。

自己啓発本は「読んでも意味ない!」という意見の方はこの辺のことをいっているのかもしれませんね。
読むだけではなく、行動が伴わなければ読む意味は薄れるのかもしれません。

本を読むだけではダメ。

スポーツで言えば練習ばかりして肝心な試合にはエントリーしないようなもの。

どれだけ練習(読書)しても試合で発揮(行動を起こす)できなければ現状を変えられないのです。

まとめ:自己啓発本は読むだけじゃダメ!行動しよう

歩き出す女性
結論

・自己啓発本を読むことは全然無駄じゃない
・色々な考え方に触れ、刺激を受けることはとても大事
・読むだけじゃダメ、行動する

色々刺激を受け行動を起こしたとしても、結果はすぐには出ません。
すぐに結果が出る人が特殊なだけで、時間がかかるほうが普通なんです。

自己啓発本さえ読めば変われる!成功できる!
なんてことは確実にありえません

本を読むことで行動へのきっかけにはなるのは間違いありません。
何もしないのとでは雲泥の差です。

自己啓発本を手に取って読むこと自体「行動」の最初の一歩なのです。

この記事で少しでも自己啓発本に興味を持っていただけたら幸いです。

では、素敵な読書Lifeを。

入門編にオススメ自己啓発本3冊紹介

親指を立てるおじさん

最後に、自己啓発入門編にオススメの2冊・ちょっと難しめを1冊紹介して終わりたいと思います。
私のコメントを添えておきますね。

『道をひらく』 著:松下幸之助

達ブログ

心安らかになる
疲れた時、行き詰ったときにオススメ
日本人的な美学が書かれているよ

『最高の戦略教科書 孫子』 著:守屋淳

達ブログ

ほんとタメになる。
これは学生・社会人問わず是非読んで欲しい。
勝ち負けとは何か、勝負に勝つうえで重要なことは何か、そんなことを合理的に教えてくれる。
卑怯とかではない。

『思考は現実化する』 著:ナポレオン・ヒル

達ブログ

ちょっと難しくて長い。
気になるところはメモしたり付箋つけよう。
大きくて重いので、持ち運びたい人は小さいサイズを購入するとよい。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次(クリックでジャンプ)
閉じる