Amazonのモニターアーム(壁付け)の取付解説【理想のデスク】

ラップトップ

エルゴトロンのOEMとのウワサが絶えない「 Amazonベーシックモニターアーム 」。

ずーっと買うか迷っていたところ、色んなブロガーさんのデスク環境紹介に触発されてついに購入。

壁付け(ウォールマウント)タイプは見栄えの良さがある一方、壁にネジを打ちこむのでハードルも高いんですよね。

ということでね、今回のテーマは「モニターアーム(壁付けタイプ)を取り付けについて」。

実際にモニターアームを取り付けたので、その過程を写真付きでお送りします。

目次(クリックでジャンプ)

モニターもないのにウォールマウントのモニターアームを購入

Amazonベーシック

私が購入したモニターアームは「Amazonベーシックモニターアームシングル壁掛けタイプ」。
色はブラック。

「モニターアーム」が何かと言うと、その名の通りモニターを設置する装置。

モニターを宙に浮かせることでデスクのビジュアル面が磨かれることはもちろんのこと、それまでモニター設置により占領していた領域が空くことで、デスク上の作業環境も良くなる優れものなのです。

モニターアームは設置方法が2種類。

  1. デスク天板にクランプで挟み込んで設置するデスクマウントタイプ
  2. 壁にネジ留めで設置するウォールマウントタイプ

で、今回私が購入したのは後者のウォールマウントタイプ。

「設置方法=壁にネジを打ち込む」という点にハードルの高さを感じますが、見栄えのスッキリ感はウォールマウントの方が上でしょう。

ネット検索すると、デスクマウントタイプ愛用者が圧倒的に多いのは確か。
ただまあ、私は書斎デスクの仕様上デスク天板にクランプするスペースがないんですよね。

自分のデスク

作り付けのデスクなので、二辺が壁とピッタリ。
デスクマウントではクランプできる場所がないんですよね。

なのでね、消去法でウォールマウントとなった訳であります。

もしどちらでもイケる環境であれば、私もデスクマウントタイプを選んだでしょう。

まあなんせ天板に挟むだけなので、そもそも設置が工具不要で簡単。
もちろん設置位置の変更も簡単ですし、ウォールマウントのようにネジを打ち込むこともないので家にも優しい。

賃貸暮らしの方にはまず間違いなくデスクマウントタイプの方をオススメ。

私が購入したAmazonベーシックのモニターアームであれば、デスクマウントタイプ・ウォールマウントタイプでモニタ取付性能に差はないのでご自身の環境にあった方をチョイスすると良いですね。

どちらのタイプでも、重量11.3kgのモニタまで対応。

モニターはまだ持っていない、これから買う

私は今現在モニターを持っていません。

え?

モニターも持っていないのに、モニターアームを購入する愚行。
いずれモニターは購入する計画ですが、あれやこれや一度に買うと出費がアレなのでね。

ちょっとずつ揃えていく作戦なのです。

モニターを購入するまでは、ノートパソコンを宙に浮かせて使用します。

ノートPCトレー
ノートPCトレー

こんな感じで、モニターアームに取り付けるノートパソコン用マウントトレーなる商品を使えばこの通り。
こちらもAmazonベーシック商品で、金額もかなりお求めやすい。

ちなみに購入を狙っているモニターは、LGの35WN75C-B
ウルトラワイドモニターと呼ばれるサイズで、なんと35インチ。

たかだかブロガーに、このサイズのモニターが絶対的に必要なのかと言えばビミョーなところ。

ただまあ、そもそも最近はデスク環境を整えること自体が趣味になっている節も否めません。
35インチのモニターを設置して、それによって心が満たされれるならそれはそれで良いのです。

Amazonベーシックモニターアーム(ウォールマウント)取付手順

モニターアーム付属品

さ、 Amazonベーシックモニターアームシングル壁掛けタイプを早速自分の書斎に取り付けてみます。

モニターアーム自体は3分割。
説明しやすいように、各パーツに勝手に名前を付けています。

  1. ベース(壁と固定するパーツ)
  2. ロアアーム(ベースとアッパーアーム間)
  3. アッパーアーム(モニターを取り付けるアーム)

パッと見で組み立てのイメージは容易につくでしょう。
作りとしては非常にシンプル、ベースの取付さえできればあとは楽勝。

基本的には必要なネジ・工具類は一式付属していますが、電動ドリルと13mmスパナは自前で用意が必要です。

モニターアーム取説
モニターアーム取説
モニターアーム取説

取説は文章少な目タイプ。
主に図解で伝える、万国共通で使えそうな工夫にAmazonのワールドワイドな思考が伺えます。

取付手順1.柱・下地等ネジを打ち込める場所を探す(ベース取付位置)

最大の難所にして、最重要ポイントが設置場所を探す事。

  1. モニターを取り付けたときに良きポジションとなる位置
  2. モニターアームをしっかり固定できる柱・下地のある位置

この2点が揃う場所でなければならず、これはウォールマウントタイプが敬遠される大きな理由でしょう。

「モニターが見やすい位置に来るように」という理由だけで設置場所を決められません。
最大で約11kgのモニターを支える訳ですから、設置位置にはそれなりの強度が必要なのです。

テキトーに「えい!」とネジを打ち込んでも、その先が石膏ボードと断熱材しかなければアウト。
石膏ボードや断熱材にネジを打ちこんでも全く効きません。

屈強で太いネジをハイパワーなドリルで締め込んだとしても、その相手が豆腐では何も意味がないのと同じです。

ネジを打ち込む場所は、柱や下地などしっかりとネジを打ち込める場所でなければなりません。

我が家は注文住宅。
書斎は後々好きなようにDIYしたかったので、石膏ボード下に12mmの合板下地を入れてもらっていたのでその辺は安心。

モニターアームの取付位置は比較的自由に、使いやすいポジションだけを考えて設置位置を決めました。

下地が無い場合は、柱や間柱の位置にネジを打つのがベター。
柱は建築図面に載っていますが、間柱は載っていないので下地探しなどを使って探しましょう。

取付手順2.ベース取付位置に目印をつけ下穴を開ける

取付位置に目印

取付位置は慎重かつ大胆に、シンプルに目印をつけます。

貼って剥がせる養生テープ、どこにでも何にでも書ける油性マッキーの組み合わせが定番でしょう。

取付位置を決めたら、いきなりネジを打ちこまずにまずは下穴を開けます。
取説に従い5mmのドリルを使用。

モニターアーム取説
5mmのドリル

作業には電動ドリル推奨。

っていうより、手動で穴を開ける術がよくわかりません。

インパクトドライバーがオススメ

もしドリルを新規購入するならば、バッテリータイプのインパクトドライバーがオススメ。

素人DIYなら、とりあえずインパクトドライバーが1台あれば大丈夫。

  • 穴開け
  • ネジ・ナット締め
  • タイヤ交換

14.4V以上あれば、パワー的にも問題ないでしょう。

ちなみに私は、マキタの18Vタイプのインパクトドライバーを愛用。

DIYにはややオーバースペックではありますが、18V用コードレス掃除機とバッテリーを共用するのでインパクトドライバーも18V。

純正バッテリー・充電器がアホみたいに高額ですが、インパクトドライバー本体はまあまあ。

取付手順3.極太の取付ネジでベースを固定

固定ネジ

下穴を開けたら、いよいよ極太のネジでモニターアームのベースを固定します。

モニターアームに付属の固定ネジは驚くほど太く長い。
プラス・マイナスのネジではなく、六角ボルトと呼ばれるもの。

締め付けるには13mmのスパナ・メガネレンチ、インパクトドライバーを使うなら13mmのソケットを用意しましょう。

13mmスパナとインパクト

素手で締め付けるのはまず無理です。

私はインパクトドライバーに13mmソケット装着で締め付け。
ラストは13mmスパナで手締めして、ガッチリと取り付けが完了。

本体にキズ
ネジ部にカバー

ボルトを締め付ける際、工具とベース本体がどうしても接触してこすれてしまいます。
最終的にはカバーで覆われる部分なので、ここはキズを気にせずにとにかくガッチリと締めることに精力を注ぎましょう。

土台の取付完了
土台のサイズ感

これでモニターアームのベース部分取付は完了です。

このベース部分が意外と存在感抜群、文庫本よりデカい。

11kg以上のモニターを支えるベースですから、このくらいガタイが良いと安心です。

取付手順4.ロアアーム・アッパーアームのパーツ取付

モニターアームデフォルト

ベース部分を壁と固定したら、後は残りのパーツを設置していきます。

付属していたロアアームとアッパーアームを取り付けるだけ。
実物を手にすれば、特に何の説明もなく容易に取付できるでしょう。

アームを取り付けたら、ロアアーム・アッパーアームそれぞれのイモネジ(ホーローセット)を締めます。
ホーローセット用の六角レンチが付属しているので自前で用意する必要はありません。

アッパーアームホーローセット
アッパーアームホーローセット
ホーローセット締め込み
アッパーアームホーローセット締め込み

このホーローセットは、後に説明するトルク調整とは関係ありません。
ホーローセットはアームを抜けないように固定するためのネジですので、この段階でガッチリ締めても大丈夫。

ガッチリ締めても、可動に影響はないのでご心配なく。

ホーローセットを締めないからと言ってモニターアームが崩壊することはまず考えられませんが、このモニターアームの設計者の思いを汲んで締めておくのが間違いないかと。

それから、紆余曲折(色々間違えた)あり最終的にベースを壁ギリギリに取り付け。
六角レンチが入らずロアアーム側のホーローセットは締めていません。

ロアアームのホーローセット
ロアアームのホーローセット

その内首下ショートタイプの六角レンチを購入して締めておきます。

私、本業が機械屋なので「ネジを締めない」行為がどうにも気持ち悪くて。

ロアアームを省略することも可能

ちなみになんですが、取付に際してはロアアームを省略することもできます。

アッパーアームのみ

スペース的にロアアームが邪魔くさければ、ベースに直接アッパーアームを取り付けることが可能。

ロアアームなしでも上下左右の動きは担保されるので、こんな使い方もアリでしょう。

取付手順5.モニターアーム可動部のトルク調整

モニターアームデフォルト

無事設置が完了したモニターアームですが、デフォルトは信じられない角度をしています。
もちろん当然調整できますのでご心配ななく。

ただし、この時点ではアームが物凄く固い。

「え、モニター自由な位置に動かせないじゃん」と感じますが心配無用。

モニターを取り付けることでアームも程よい固さで動くようになります。
モニターを取り付けた状態でもアームの動きが重すぎる、逆に軽すぎる場合にはトルク調整も可能。

トルク調整用六角レンチ
トルク調整用六角レンチ

付属の六角レンチを駆使して調整ネジを回すことで、2か所のトルク調整ができます。

  1. モニタ取付プレートのチルト角度(上下)調整部
  2. アッパーアーム(モニターを取り付ける側のアーム)の上下可動部
モニター角度調整
モニターチルトトルク調整箇所
モニター角度調整
モニターチルトトルク調整ネジ
アーム角度調整
アッパーアーム上下トルク調整箇所
アーム角度調整
アッパーアーム上下トルク調整ネジ

調整ネジを回しても、ただ回るだけで手応えがなく物凄く不安になります。
極端に両方向へ回してみましたが、ノートパソコン程度の重さではあまり調整効果の程はわかりませんでした。

例えば取り付けたモニターが自重でアームが下がってしまう場合、逆にモニター位置の調整に難儀する程動きが固い場合に調整すると良いでしょう。

ノートPCトレー設置

私は現時点でモニターがありませんから、ノートパソコン用トレーを取り付けてノートパソコンを設置。

モニターアームの取付位置決めは計画的に

取付ミス

とまあ、ここまで偉そうに取付手順なんて解説しましたが実は取付位置をミスってやり直しています。

一度取り外して取付位置を変えたということは、元の位置には取付ネジの穴がしっかりと開いています。
しかもこんなに。

「ま、自分んちだしいっか」。

「モニター取り付けたら見えなくなるっしょ」。

私は性格的にあまり気にしていませんが、取付位置を決める際は計画的に。

ウォールマウントタイプの欠点が如実に出た結果となりました。

机が広くなって快適に、そしてカッコいい

デスク環境現在

モニターアームを設置したことで、狙い通り机の作業スペースの確保に成功。
ビジュアル的にも、デスク周りがスッキリして大変良お気に入りでございます。

現時点ではノートパソコンをモニターアームに乗せていますが、いずれ35インチモニターを取り付けたらそれほどカッコイイことか。

ダサさの根源であるケーブル類の整理は課題ではありますが、モニターアーム自体にケーブルを隠す場所もあるので何とかなりそうかなと考えております。

モニターアーム配線カバー
モニターアーム配線カバー

う~ん、理想のデスク環境にどんどん近づいております。

モニターアーム、ビジュアル面は好みもありますが机の作業スペースが広くなる点は万人共通のメリットでしょう。
多くの人にモニターアームをオススメしたいですね。

まとめ:モニターアームでまた一歩理想のデスクに近づいた

デスク環境現在

ということで、 「Amazonベーシックモニターアームシングル壁掛けタイプ 」購入・取付に関する記事でした。

結論から言えば買って満足。

取付はやや面倒ですが、モニター(今はノートパソコン)が宙に浮き、机の作業スペースが格段に広くなったことは想像以上に快適でした。

モニターアーム、日本中のデスクワーカーに強くオススメしたい。
マジでいい。

なにはともあれ、モニターアームを購入してデスク環境がまた一歩理想形へ近づきました。

理想とする形までもうあと少し。
完成させて早く全貌を公開するのが待ち遠しい今日この頃です。

次はモニターだ。
値下がりしてくれ、頼む。

ラップトップ

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
トップへ
目次(クリックでジャンプ)
閉じる