【格安SIM】フリーテルからUQモバイルに乗り換えた【安いが正義】

2020年4月14日、SIMをUQモバイルに乗り換えました。
正式には申し込みをしただけで、今はSIMが到着するのを待っている状態です。

SIMが届いて回線切り替えをすれば晴れて乗り換え完了。

端末はそのままに、会社だけ乗り換えるやつです。

  • 初めてのケータイはドコモのパカパカ
  • 初めてのスマホはドコモのiPhone5S
  • 初めての格安SIMはフリーテル

そして今回、UQモバイルに乗り換えることとなりました。

フリーテルに不満が出たわけではありません。
私の使用環境が変わり(通信量が増えた)、UQモバイルの方が安く使えることがわかったのです。

  • UQモバイルに乗り換える理由
  • 割引条件について

今記事では主にこの2つについて紹介しています。

UQ回線切替は下記記事参照。

目次(クリックでジャンプ)

フリーテルからUQモバイルへ乗り換え

Change看板

基本的な私の考えとして、大手キャリヤ(ドコモ・au・ソフトバンク)より格安SIM(MVNO)を強くオススメしています。
理由はシンプルに安いから。

フリーテル大満足時代(2015年~2019年)

フリーテル時代のネット環境・スマホの使い方をざっくり説明します。

  • アパートでは光回線が使えた、家は無線LAN(Wi-Fi)使用
  • パソコンを持っておらず、ネット使用はスマホのみ
  • 電話はほとんど使用しない(発信しない)、床屋さんに予約の電話するくらい
  • 外出時はスマホをあまり使わない(事前に調べておく)

見ての通り、スマホの回線を使うことがほぼなく月の使用量は余裕で1GB未満。

1GB未満だと基本使用料999円+通話料しかかからないプランで、当たり前のように毎月1GB未満。

毎月の使用料金は1000円ちょっと。
不満もないし安いし言うことなしでフリーテル大満足時代でした。

2020年:フリーテル→UQモバイルへ(使用環境の変化)

ネットワーク

2020年、私のスマホ使用環境が変わりました。
デザリング機能を使い倒すようになったのです。

そう、パソコン購入とブログ開設。

ブログ記事を書くのが楽しすぎて、外出中にもネット繋ぎたいっていう欲望があふれ出してきました。

ポケットWi-Fi契約しようか迷いました。
が、ブログを書く程度であればデザリングで全く問題ないことがわかり、以来デザリング機能を大いに活用中。

テザリングについては、下記記事を参照ください。

テザリングの使用が増えてきた結果、毎月の通信量が1GBを超えるようになってきました。

毎月の使用料金が2000円近くなってきたので他の格安SIMを検討し始めたのです。

UQモバイルは割引条件に注意が必要

ギャング2人

UQモバイルを選んだ理由はズバリ安くなるから。

私の場合は2つの割引を適用させた結果安くなりました。

ただしこの割引、条件にはちょっと注意が必要です。

UQ家族割は「2台目以降」の割引&プランに縛り

家族で対象料金プランを複数回線ご契約いただいた場合、2回線目以降の基本料を毎月500円割り引くサービスです。(最大9回線までの子回線が割引対象となります)

引用元:UQmobile公式HP

読めば勘づく方も多いと思いますが、家族でUQモバイルを契約すれば安くなりますよってやつ。

我が家の場合、妻が以前からUQモバイルを愛用中。
私もUQモバイルを使用することで月500円安くなります。

ここで注意点です。
500円OFFは家族みんなではなく「2台目以降」

家族みんな安くなるわけではありませんのでココは注意点。

我が家の場合は私か妻のどちらかが500円安くなります。
どちらに500円OFFを適用するかは自由に選べます。

更に注意点。
家族で契約すれば何でもいいってわけでなく、適用対象プランがあるので要確認。

割引適用は申請の翌月から

最初は割引が適用されない料金を請求されますが、ここは我慢です。
翌月の請求書で割引適用を確認しましょう。

ギガMAX月割は条件を要確認

UQ mobile回線と同一名義で、下表の当社指定サービスを契約中かつギガMAX月割をお申し込みいただいた方を対象に、UQ mobileの月額基本使用料から最大500円/月を割り引きます。

引用元:UQ mobile公式HP
指定サービスUQ mobileの対象プラン割引額
WiMAX2+スマホプラン500円
WiMAX2+おしゃべりプラン、ぴったりプラン300円
ビッグローブ光スマホプラン500円
引用元UQ mobile公式HP

私の場合、家の固定回線でビッグローブ光を契約していたので割引の対象となりました。

ただし注意点!
ビッグローブ光の場合、3つ条件がありますので必ずご確認を。

  1. 2年プラン or 3年プラン (ファミリー・マンションどちらのタイプでも可)
  2. ビッグローブ光電話の契約
  3. ビッグローブ光の契約名義人とUQ mobileの名義人が同じ

1点目はいいとしても、2点目の「光電話契約」が肝ですよね。
我が家は諸事情により契約しましたが、契約していない家庭も多いでしょう。

光電話を契約しているのであれば割引適用となるので必ず申し込みましょう。

ビッグローブ光での割引適用は2020年3月18日に始まったばかり、昔からのUQユーザーの方も申し込み忘れのないように。

光電話のオプション自体が月500円なので、電話が不要ならばわざわざ加入する必要はありません。
500円払って500円の割引を受ける意味は全くないですからね。

3点目、契約名義人がUQモバイルと同じでなくてはなりません。

我が家はビッグローブ光を私の名義で契約しているので、ギガMAX月割が適用になるのは私名義のUQのみとなります。

割引適用は申請の翌月から

最初は割引が適用されない料金を請求されますが、ここは我慢です。
翌月の請求書で割引適用を確認しましょう。

割引の適用申請は契約後に改めて(面倒)

怒る猫

これは若干謎ポイントというか不満ポイントです。

家族割・ギガMAX月割、どちらもUQ契約時には適用できず、契約後(回線開通後)に改めて申請しなくてはなりません。

既にUQユーザーの方ならわかりますが、私のように新たにユーザーになる場合もそうです。
大した手間ではないんですが面倒ですね。

割引が適用されるのは申請の翌月からになります。

最初は割引が適用されない料金を請求されますが、ここは我慢です。

翌月の請求書で割引適用を確認しましょう。

UQに乗り換えてどれだけお得になった?

電卓と硬貨

結局、フリーテルから乗り換えてどんだけお得になるのか、ここ重要ですよね。
3GB使うとした場合の試算になります。

・私:スマホプランS(1980円) ギガMAX月割(-500円)
・妻:スマホプランS(1980円) 家族割(-500円)
合計:2960円

これに通話料がかかりますが、これはフリーテルもUQも同じなので試算にはいれません。

ちなみに今までは、
私:従量課金制(3GBで1600円)
妻:スマホプランS(1980円)
合計:3580円

月620円安くなりました。
微々たるもんですが、契約するだけであとはほっときゃ節約になるんで楽なもんです。

スーパーで月620円食費を浮かすのは大変な苦労。

ですが、スマホの契約を変えるだけならこのご時世30分もあれば終わります。

まとめ:UQモバイルの方が安くなるから乗り換えた

ヨガしながらタッチ

UQに乗り換えた理由は、単純に安くなるからでした。

通信速度についてはかなり評判がいいようです。
私のようにブログを書いたりそれ用に調べものをする程度では正直よくわかりません。

最近では格安SIMでも家族割などの割引サービスが増えてきた印象です。
個人はもちろんですが、「世帯全体として料金はどうなるか」という観点で契約先を考えるのも重要ですね。

契約自体は全く難しくないです。

UQモバイルに関しては、電話・ネット・店舗、好きなところから契約すればOKです。

サポートセンターの電話も比較的つながりやすいので、ネットが不安な方は電話がオススメ。
私も割引適用条件で聞きたいことがあったので電話で申し込みしました。

フリーダイヤルなので電話代の心配は無用。

所要20分位でしょうかね。

格安SIMもだいぶ知名度が上がり、勢力を伸ばしてきている印象ですね。

大手キャリヤに比べると安くなる可能性大

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次(クリックでジャンプ)
閉じる