【格安SIM乗り換え】契約~回線切替の流れをさらりと解説【UQモバイル】

先日、UQモバイルに乗り換える記事を書きました。

今回はその続きで、【契約→SIMカード到着→SIMカード挿入→回線切替】までの流れを軽ーく説明します。

  • SIMカードの入れ替え方
  • 回線切替

本記事は主に上記2点について紹介しています。

慣れた方なら10分程度で終わる作業。
初めての方だって30分あれば充分でしょう。

目次(クリックでジャンプ)

UQモバイル申込~SIM到着までの所要時間は約5日

置き時計

2020年4月14日
・電話(フリーダイヤル)でUQモバイルに申込

2020年4月15日
・電話口で登録したメアドに本人確認書類アップロードURLが記載のメールが来る
・運転免許証の表裏を撮影し、アップロードする(この段階で申し込み完了)
・支払い用クレジットカード情報を登録する

2020年4月18日
・AM9:00頃佐川急便でSIMが届く(本人確認は不要な普通の荷物)

時系列的にはこんな感じで、申し込み電話の日から数えて5日でSIMが到着。
早いもんです。

私は北海道に在住ですが、何百キロも離れた地域にほんの数日で荷物が届くと全く便利な世の中であります。

輸送業界の皆さまには感謝しかありませんね。

番号変えたくないからMNP(有効期限に注意)

SIMカード

使用している端末はそのままに、回線のみ切り替える場合はMNPが便利。
MNPを利用すれば、電話番号を変えずに回線切替できちゃいます。

MNPなら事前準備をしよう

携帯電話番号ポータビリティー(Mobile Number Portability)、略して「MNP」。
簡単に言えば、携帯の番号を変えずに他社に乗り換えられるサービスのことです。

私もMNPを利用しての乗り換えです。
番号変えると色んなところで手続きやら連絡やら必要で面倒ですからね。

MNPで乗り換えをする場合、事前にMNP予約番号というものを発行しなくてはなりません。
私は今回「フリーテル」→「UQモバイル」に乗り換えることになります。

MNP予約番号は乗り換え前の会社で発行してもらいます。
今回の例でいえばフリーテルに発行してもらうわけです。

予約番号を発行するだけではまだ乗り換えになりません。

予約番号の発行手順は会社によって異なるので各自お調べ下さい。

予約番号発行は有料&有効期限あり

予約番号発行手数料が発生する場合が多いです。
私は今回2000円かかりました。

発行した予約番号と有効期限はどこかに控えておきましょう。
申し込みの際に必要になります。

予約番号の有効期限は、発行した日含め15日間です。

あまりに有効期限ギリギリの場合、契約申し込みを受け付けてくれない場合があります。
契約の前日とか当日に発行で全然大丈夫。

私の場合、契約の電話直前に申請。
申請した瞬間に予約番号が発行されました。

15日を経過すると発行されたMNP予約番号は無効となり、その場合手数料はかかりません。

MNP予約番号は何度でも発行できるので、無効になっても全く問題ありません。
なんのペナルティもありません。

SIMカードは必要なサイズにカットして挿入

SIM

SIMカード挿入~回線切替は30分もあれば充分です。

慣れた日人なら10分でイケるでしょう。

普通の荷物としてSIMカード到着

普通の荷物として宅配されます。
UQモバイルの場合は佐川急便さんが届けてくれました。

書留ではないので、本人でなくても受け取りOK

UQガイドブック

SIMカードとガイドブックさえあれば他はいりません。

迷うことなく捨てましょう!

SIMカードは使うサイズにカットする

UQSIMカード
ここから任意のサイズにSIMを切り取る

SIMカードは写真のように、ユーザー側で任意のサイズに切り取るようになっています。

SIMのサイズは「Mini」>「Micro」>「Nano」の3種類。
自分のスマホがどのサイズに対応しているか必ず調べましょう。

間違って切り取ってしまうとSIMカード再発行が必要となり、余計な手数料を取られてしまいます。

iPhoneの場合、5以降は「Nano」サイズのSIMです。

SIMカード説明

切り取り方の説明もあるので、よく読んで丁寧にやればきっと大丈夫。

SIMトレイを開けてSIMカードを入れる

私のiPhoneSEを例に説明します。
大丈夫、めっちゃ簡単。

まずはiPhone購入時に付属していた「SIMピン」を用意します。

iPhoneとSIM抜き
右にあるのが「SIMピン」

iPhone右側面にあるSIMトレイの穴にSIMピンを突き刺します。
すると、SIMトレイがひょっこり出てくるのでつまんで引き出します。

SIM抜きピン
SIMトレー
引き抜いたSIMトレイ

ちなみにSIMピン、クリップや安全ピンで代用できるので正規のものを紛失しても大丈夫 。

乗り換えの場合、乗り換え前のSIMカードが入っているので、それをどけて新しいSIMカードを入れます。

SIMカードを挿入した段階ではまだ乗り換えは完了していません。

UQモバイルへ回線切替

Change

SIMカードの入れ替えが終わったらいよいよ回線切替です。
回線切替が終われば乗り換え完了。

もうひとふんばり、がんばりましょう。

[回線切替]を行った時点で、乗り換え前の会社との契約は解約となります。
改めて解約手続きを行う必要はありません。

UQモバイルの場合、付属のガイドブックに従えばなんて事はありません。
余裕です。

乗り換え作業が難しかったら誰も乗り換えてくれませんからね。
乗り換えのハードルを下げる工夫はバッチリ。

UQモバイル公式【回線の切替え】のリンクも貼っておきますね。

UQモバイルの場合は以下の通りです。

  1. 「my UQ mobile」にログイン
  2. [お申込み状況一覧]
  3. [回線切替]
  4. [実行]

ここでいったんiPhone画面上部が「圏外」表示になると思いますが正常ですのでご安心を。

少し待てばアンテナ表示に戻り、その隣に「UQ mobile」と表示されるはず。

私の場合、次に説明するプロファイルの削除と設定を後回しにしていたのでこの段階では圏外のままでした。

旧プロファイル削除とUQモバイルのプロファイル入手

鳥と鳥かごのタトゥー

プロファイルって聞きなれない言葉ですが、要は設定が色々書き込まれたファイルのこと。
契約した回線用のものをインストールしなければなりません。

今回で言えばUQモバイル用のプロファイルをインストールします。

それとインストールと並んで重要なのが古いプロファイルのアンインストール。
要は削除ですね。

今回のように端末はそのままに回線のみ切り替える場合、旧回線用プロファイルの削除も必須となります。

旧プロファイルの削除

まずは乗り換え前回線用のプロファイルを削除します。

iPhoneの場合、プロファイルの削除は[設定]→[一般]→[プロファイルとデバイス管理]から行えます。

UQ公式HPに手順が紹介されています。

UQモバイルのプロファイル入手

続いて、UQモバイル用のプロファイルを入手。

同じiPhoneでも【iPhone8以前】【iPhone8以降】で方法が異なります。
UQ公式HPにわかりやすい手順があるのでリンク貼っておきます。

iPhoneSEの場合、[設定]→[一般]→[ソフトウェアアップデート]でOKです。

はい、これで乗り換え完了!

iPhoneホーム画面
アンテナ横に「UQ mobile」と表示されていればOK

お疲れ様でした。

最後に、確認として[111]に電話してみましょう。
試験用の電話番号です。

これに繋がれば間違いなく回線切替は正常に完了しています。

まとめ:回線切替は簡単、臆することはない

スマホを見る女性

格安SIMの回線切替は全然難しくないです。

検索すれば解説しているサイトはたくさんあるし、メーカーだって乗り換えてもらうため懇切丁寧に解説してくれます。
何にも不安に思うことはありません。

やる前は面倒くさいと思って中々足が進みませんが、いざ始めてしまえばなんて事はありません。

今やスマホは生活必需品、だけど料金は節約したい。
スマホってそんな存在でしょう。

たくさんの会社があり、更にたくさんの契約プランがあります。
自分に合った、より安いものがあれば是非とも乗り換えを検討すべきです。

試算してみて、節約につながるのであれば躊躇わず面倒がらずに実行しましょう。

乗り換えも家から一歩も出ることなくできちゃう時代です。
楽して節約しましょ。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次(クリックでジャンプ)
閉じる