ゴルフは楽しい!けど人間関係とマナーの多さで嫌になった【クラブ売却】

タイトルを見て「あー、あるよね」って思ったそこのあなた。

同士です。

ゴルフというスポーツ自体は楽しいんですけどね。
人間関係だとか謎に多すぎるマナーだとか暗黙の了解みたいなのが多すぎてイヤになっちゃいました。

ゴルフクラブはじめ、ゴルフ道具は全部売っちゃったんでもうゴルフをすることはないかな。

  • ゴルフを始めたいきさつ
  • ゴルフの楽しさと魅力
  • ゴルフから遠ざかった理由

今記事では主に上記3点について紹介しています。

目次(クリックでジャンプ)

ゴルフは貴族おじさんの趣味というイメージ

ゴルフのシルエット

皆さんゴルフってどんな印象ですか?

  • 他のスポーツに比べハードルが高い
  • 大人(おじさん)がやるもの
  • 金持ちの遊び
  • 接待・気を遣う

こんな印象お持ちの方、多いんじゃないでしょうかね。
私はそうでした。

周りの友人でゴルフをしている人もおらず、家族もゴルフ未経験。

達ブログ

ゴルフなんてお金に余裕のあるおじさんたちのスポーツでしょ?

ゴルフに興味を持つこともなく、やりたいと思うことは全くありませんでした。
好き嫌いという感情以前に、自分とは全く接点のない無縁なスポーツという感じでしたね。

テキトーな相槌により急展開したゴルフ事情

ターニングポイント

ゴルフと全く縁のなかった私にも転機が訪れます。

当時20歳くらいだったでしょうか。
転機は突然訪れます。

上司

お前、ゴルフとか興味ねえのか?

達ブログ

ああ、やってみたい(嘘)ですけど道具揃えるお金ない(本当)っすね
ははー

上司

丁度クラブ買い換えたから古いゴルフクラブやるよ
今度行くぞ

達ブログ

余計な事言っちまった・・・

怖い上司の会話にテキトーに合わせているうちにゴルフを始める流れとなり何となくゴルフを始めることになったのです。
ま、何事も経験

正直あまり乗り気で始めたわけじゃありませんでしたが、やってみると意外と楽しいではありませんか。

クラブで球を打つことがめっちゃ楽しいし、コースに出て大自然を満喫できるのもめっちゃ好き。

ゴルフの魅力①大自然の中で体を動かす

青空

大自然の中で体を動かすのは本当に気持ち良かったです。
他のスポーツにはない、ゴルフというスポーツの最大の魅力。

  • 襟シャツ着て
  • 優雅に歩いて
  • ビール飲んで

書き出してみると、およそスポーツとは思えない光景ですね。

数あるスポーツでも、一般人がこれほど大自然を満喫できるスポーツってゴルフくらいなのでは。

他のスポーツと違って、息を切らして動きまわることもありません。
敵の妨害を受けることもありません。

大自然をある意味貸し切りにできるなんて、全くもって贅沢なスポーツです。

高いお金を払う価値はここにはあると断言できます。

ゴルフの魅力②打ちっぱなしで練習が楽しい

アイアンセット

ゴルフコースよりも練習場(打ちっぱなし)で打つのが大好きでした。

  • 自分のペースで好きなだけ打てる
  • スコア数えなくていい
  • 服装に制限がない
  • 好きな時間に行って飽きたら帰れる

私がよく行っていた練習場は割と空いていて、打つところだけ屋根があって後は外みたいな施設でした。

でっかいスピーカーでAMラジオが流れる中、テキトーな服着て中にはサンダルで打っている人もいましたね。

もちろん、襟シャツにスラックスのように完璧な服装でストイックに練習されている方もいます。

皆思い思いの楽しみ方をしている雰囲気が好きでした。

グリーンに座る女性

ゴルフ場だと服装やマナー・時間など色々制限されますからね。

気軽に一人で行けるというのも魅力。

ゴルフの魅力③ラウンド後の温泉

風呂に入る赤ちゃん

ゴルフに限らずスポーツ全般に当てはまるでしょうかね。

終わった後の温泉!これが最高!

温泉のためにゴルフしていると言って過言ではないでしょうね。
それくらい好きでした。

日焼けした腕、酷使した筋肉を優しくも厳しく温泉が癒してくれます。
汗もかなりかきますしね。

ゴルフ自体とあんまし関係ないんですけどね。

大体のゴルフ場(北海道だけ?)は温泉施設が併設されていて、ラウンド後は無料で利用することができます。

ゴルフというスポーツ自体は本当に魅力的で面白い。
何事もまあ、人間関係って重要だなと改めて感じました。

ゴルフは楽しく難しいスポーツであり人間関係の縮図でありマナーの塊

半裸のおじさん

実際ゴルフを始めてみて多くの魅力に気づかされました。

人間関係抜きにすると、ゴルフはほんとに楽しいし魅力的。
お金や時間を犠牲にながらもハマってしまう大人達の気持ちがよくわかります。

そりゃオジサンたちもハマりますわ。

ただですね、ゴルフにも負の側面がありまして。
私の場合は主に4つの理由があってゴルフをやめることにしました。

理由は4つ上げますが、大きな理由は人間関係ですね。

ゴルフが嫌になった理由①趣味でありながら仕事

歩く男性

私の場合、職場の人とゴルフ場に行くことが多かったです。
多いというよりは、職場の人としか行ったことがありませんでしたね。

当時20歳くらい。
当然一緒にゴルフに行くメンバーでは年齢も立場も一番下っ端

いわゆる「接待ゴルフ」のようなものはやらずに済みましたが、それでも上司たちとゴルフに行くのは精神的に疲れました。

ゴルフしに行くのは当然休みの日。
完全プライベートなはずなのに、職場での序列がゴルフ場でもそのまま継続します。

  • ゴルフ場の予約
  • 飲み物の買い出し・パシリ
  • ラウンド中のカートの運転

ま、いわゆる雑用は全部やっていました。

「やれ!」と言われる訳じゃないんですけどね、職場での関係性がゴルフ場でもそのまま継続
それが当たり前のようになっていました。

今思うと異常ですね。

高い金払って、貴重な休日使って、色々気を使って。
何で職場の人とゴルフしてんだろって感じですよね。

ゴルフが嫌になった理由②スコアに全く興味がない

1+1=3

下手だったこともありますが、ゴルフのスコアに全く興味がありませんでした。
スコア付けて何の意味がある?と未だに思っています。

これはローカルルール(マナー)なのかもしれませんが、「スコアをつけずにコースを回るのはマナー違反」。
私はこう教わりました。

下手くそな私は、1ホールで10回打つこととか普通にあるんですよね。
狙った方向に飛ばないからダッシュもするし、打った回数なんてほんと覚えてられません。

打数を数えるのがほんとうに苦痛。

スコアに興味がないこともあって、上達したいという気持ちもそんなにありませんでしたね。

最低限、一緒にラウンドする方たちに迷惑をかけない程度の技術さえあればいっかって感じです。

ゴルフは一般的に1ラウンド(18ホール)を4時間~4時間半でラウンドするのがマナーと言われています。

上司

まずは100を切ることだな!
練習あるのみ!
ははははっ!

達ブログ

そうですね!(スコアとか興味ねえや)

ただ、大自然の中でボール打つことはとても気持ちよくて楽しくて好きでした。

スコアなんか数えずに、好きなように打ってみたかったですね。
それでいいなら、またゴルフやりたい!と思えます。

ゴルフ仲間のはずなのに、ゴルフに対する熱量が違う・楽しみ方が違うのは結構苦痛。

ゴルフが嫌になった理由③時間とお金の浪費

砂に埋もれる時計

ゴルフといえば「お金がかかる」というイメージ強いですよね。
私の場合、クラブ・ボールを上司から頂いたので道具にお金はかかりませんでした。

ですがランニングコストはそこそこかかります。

  • 練習(打ちっぱなし)
  • ラウンド代
  • 交通費

高卒の製造業がそんなに給料がいいはずもなく、ゴルフをすれば他の遊びを我慢せざるを得ませんでした。

そして、ラウンドスタートは大体7時代。

朝ご飯・移動を考えると5時には起きて準備開始。
今なら5時起きなんて楽勝なんですけどね。

当時はまだ若く夜遅くまで遊びまわってたんで結構キツかった記憶があります。

遊びや睡眠を削って、高いお金を払ってまで職場の上司たちとゴルフをやる意味。

当時はそんな風に思う事があり、徐々にゴルフから遠ざかっていったように思います。

ゴルフが嫌になった理由④多くの指導したがるマンへの対応

指導する男性

職場の延長上にゴルフがあった私。

そんな環境では当然ながら、ゴルフのルールから打ち方から教えてくれるのも職場の人たちでした。

ゴルフのルールや打ち方なんて全く知らなかった私。
皆さん、熱心に技術指導してくれるのはほんとにありがたかったんです。

ただですね、色んな人が技術指導してくれると問題もありまして。

皆言ってること違うじゃん問題の発生です。

これね、割と大きな問題。

誰を信じればいいんじゃいって感じです。

達ブログ

何となく狙った方に打てるようになってきたなー
狙った方に飛ぶと楽しいなー

上司

スタンスとグリップがおかしい!
ああしろ!こうしろ!

これが友人であれば断れるんですが、職場の上司ってのがネックでして。

言われるがままグリップなんて変えればとそれまで通りには打てませんよね。

マイナス×マイナス=プラス」だったのが、「マイナス×プラス=マイナス」になったようなもんです。
悪いなりに色んなバランスで成り立っていたものに、突然プラスが飛び込んでくりゃそりゃおかしくなります。

そしてまた別な人に「あれが変、ココ変えろ」とか言われるわけですよ。

プロを目指すわけでもでもなけりゃ大会に出たいわけでもありません。

好きにやらせてよ。

まとめ:ゴルフも結局は人間関係が大事

stopマーク

色々書いてきて思いました。

  • もしも友人とゴルフを始めていたら
  • もしも職場の人以外にもゴルフ仲間がいたら
  • もしも職場の人が指導したがるマンじゃなかったら

ゴルフを嫌いになった理由は、主に人間を含めた環境でした。

「ゴルフ」自体は好きだったし、魅力も充楽しさも身を持って体験したのはいい経験。

技術的にもめちゃめちゃ奥深いし、年齢を重ねても楽しめる数少ないスポーツだと思います。

大自然を満喫できるのも◎。

だけど楽しめなくなってしまったのです。

魅力や楽しさを嫌な部分が上回ってしまったのです。

なんとなーくわかって頂けましたかね?

これから誰かをゴルフに誘いたい方!
ゴルフの楽しみ方や熱量は人それぞれ。
自分の価値観を押し付けてはいけません!
ゴルフはプライベートな趣味、職場での立場は忘れて対等な関係を心がけましょう!

ゴルフクラブは多少古くても、キズがあっても買い取りしてくれる場合が多いです。
ゴルフをやらなくなったら売っちゃいましょう。
ゴルフ用品処分するなら【リサイクルネット】

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次(クリックでジャンプ)
閉じる