パネルヒーターエア抜き手順解説!DIYで簡単メンテ【セントラルヒーティング】

我が家の暖房はパネルヒーター。
いわゆるセントラルヒーティングです。

そんなパネルヒーターのメンテの定番「エア抜き」について記事にしてみます。
パネルの温まりがイマイチになったときはまずエア抜きです。

  • DIY苦手
  • 不器用
  • 機械音痴

そんな方でもきっと大丈夫、驚くほど簡単です。
さすがに手ぶらでは出来ませんが汎用品の道具さえあれば余裕のよっちゃん。

今記事は我が家のパネルヒーター(ディンプレックスジャパン製プルモパネル)で解説しています。

エア抜きはあくまで初歩の初歩な対応になります。
明らかに異音や異臭がしていたり、エア抜きで状態が改善しない場合は設備屋さん等専門家に連絡を。

新たに暖房器具購入検討中の方、下記記事も是非ご覧下さい。

目次(クリックでジャンプ)

パネルヒーターのエア抜きが必要なとき

パネルヒーターつまみ側

我が家は新築1年目。
今回初めて迎える冬になります。

我が家に関しては下記記事参照。

新築なんで絶好調だろうと思っていましたが、パネルヒーターのエア抜きを何度か行いました。

新築だろうが中古だろうが、パネルヒーターはエアが溜まるもんらしいです。
セントラルヒーティングの宿命ですね。

ではどんなときにエア抜きを行うべきなのか。

  1. パネルヒーターの温まり方が均一でないとき
  2. パネルヒーターから「ゴポゴポ」音が鳴るとき

主にこの二つを目安にエア抜きしてやるとよいそうです。
設備屋さんに教えてもらいました。

ちなみに、エアが溜まるのは2階建ての場合は2階のパネルヒーターが多い。
我が家の場合は主寝室(2階)と洗面室(2階)でエア溜まりすることが多いですね。

エアが溜まる原理については、よくわからないのでこの記事でははしょります。
興味のある方はググってみましょう。

エア抜きに必要な道具は2つだけ

万力と工具ボード

エア抜きに用意するものは2つだけ。

  1. タオル
  2. エア抜きのつまみを回す工具

つまみを回す工具は、専用のものでなくとも構いません。
ラジオペンチ・マイナスドライバーなどの工具でも代用可能です。

要は、つまみを緩め・締められれば何でも大丈夫です。

身近な工具で言えばマイナスドライバーが代用品としてオススメです。

マイナスドライバー
マイナスドライバーでエア抜き

↑写真のような感じで、つまみ部分にマイナスドライバを差し込んで回せばOKです。

ちなみに私の場合、設備屋さんが専用工具を一つ分けてくれたのでそれを使っています。
ゼンマイみたいな見た目ですね。

エア抜き工具

つまみを回す専用工具についてネットで検索してみましたがヒットせず。
一般に流通しているものなのかわかりませんでした。

パネルヒーターのエア抜き手順解説

STEP
エア抜き穴を探す

パネルヒーター側面上部の白い部分をクルクルと回して、小さな穴を探します。
サーモスタッド調整バルブの反対側についています。
この穴からエアー・不凍液が出てきますので、不凍液を受け止めやすい角度にしておきましょう。

エア抜き穴
STEP
エア抜きつまみを回す

小さな穴にタオルを当てておきます。
側面の四角いネジを専用工具又はラジオペンチ・マイナスドライバーなどで緩めます。
通常のネジと同じで左回しで緩みます。

エア抜きつまみ
写真中央の銀色のつまみを回す
一の字の溝にマイナスドライバなど差して回してもOK!
エア抜き中
専用工具を差した状態
STEP
エア抜き

「シュー」という音とともエアーが抜けます。
エアが抜けきると「シュー」という音が消え、先ほどタオルを当てた小さな穴から不凍液が出てきます。

不凍液が出たところでエア抜きおしまい。

「不凍液が出た=エアが抜けきった」という事になります。

もしもエアが溜まっていなければ、いきなり不凍液が出てきます。

STEP
エア抜きつまみを締める

STEP3で緩めた四角いネジをしっかりと締めて作業は完了です。

ここで締めが甘いと不凍液が出続け、やがて不凍液が枯渇してしまいます。

STEP
他のパネルでもエア抜きをする

エア溜まりが疑われる各パネルヒーターで、STEP1~4の作業を行います。

私は暖房をつけたままエア抜き作業を行っています。
暖房をつけたまま作業する場合、手順(3)で高温の不凍液が出てくるかもしれないので注意が必要です。

エア抜き後の確認事項は2つ

  1. パネルヒーターの温まりが均一に戻ったか
  2. 「ゴポゴポ」音が無くなったか

この2点を確認してみましょう。
見事解消していれば大成功ですね。

エア抜きでも解消しなければ設備屋さんに即連絡

黒電話

もしエア抜きで解消しないようでしたら、設備屋さんに相談することをオススメします。

温まり方がイマイチ程度ならまあ何とかなるでしょうが、致命的な故障の前兆だったらまじで命に関わります。
北国の冬を舐めたらアカン。

予備暖房を準備しておくことも大事

エア抜きで手に負えない場合はもちろん設備屋さんなどの専門家に対応を依頼するしかありません。

ただまあ、どれ程腕利きの設備屋さんだとしても、物理的な問題ですぐさま修理できない場合もあるでしょう。

  • 交換部品が手に入らない
  • 忙しくて訪問まで時間がかかる
  • 修理難易度が高く時間がかかる

そんなときに備えて、予備的に暖房器具を用意しておくことも重要な備えです。

ちなみに達ブログ的オススメは『ケノンヒーター』

正直ちょっとお高いんですが、小さい子供のいるご家庭・ペットを飼っているご家庭でも安心して使える優れもの。
詳しくは公式HPと下記記事で解説しているので是非ご覧下さい。

まとめ:パネルヒーターのエア抜きは簡単

陽気な女性

パネルヒーターのエア抜き、とっても簡単でしょ?
一度やれば二度と忘れないほど簡単です。

北国で暖房の不調は死活問題。
早めの対処が肝心です。

とにかく設備屋さんを呼ぶというのもありですが、すぐに来てくれるとは限りません。
金額うんぬんよりも、スピードが大事なのです。

パネルヒーターはシーズン前に絶好調に、シーズン中も絶好調に。
厳しい冬も暖かく快適に過ごしましょう!

エア抜きしてもパネルヒーターの温まりがイマイチならば、それはもう速攻で設備屋さんに連絡です。

北海道の冬で暖房不調はまじで命に関わる一大事。
予備として、暖房器具を用意しとくのも大事かもですね。

予備暖房・子供部屋の暖房購入を検討中の方、下記記事も是非ご覧ください。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次(クリックでジャンプ)
閉じる