【尿路結石】我が人生最大の痛みにして人生初の脂汗【体験談】

私の人生で最大の痛み体験、それは間違いなく「尿路結石」。

思い出すだけでイヤになりますね。

今回はそんな尿路結石の体験談を書いてみます。
体験した人にしかわからないあのつらい痛み、せめてブログのネタにさせて下さい。

痔も痛かったけど、尿路結石は比べ物にならないほど痛いです。

ヤバイです。

ちなみに「尿路結石」も「尿管結石」も同じ病気。
言い方はどちらでも良さそうですが、とりあえず今記事では「尿路結石」と書かせてもらいます。

目次(クリックでジャンプ)

尿路結石の痛みはある日突然やってくる

耐える男

尿路結石、奴は突然やってきます。

あれは22歳の冬。

痛みは何の前触れもなく突然やってきます。

朝、腹部の痛みで目が覚めます。

達ブログ

ん?なんだこの痛み・・・
腹痛とも胃痛とも違う・・・

へその横あたりがとにかく痛い。

ズキズキというかゴロゴロというか、何とも表現できない痛みなのです。

痛さで吐き気を催したのはこれっきりです。

脂汗も初めて体験しました。

病院嫌いの私もさすがにこれは何かヤバイ病気だと思い、病院に行くことにしました。

結石の激しい痛みに耐えきれず激込みな病院でのたうち回る

のたうつ

激しい痛みに襲われたその日は冬の土曜日でした。

  • 午前診察の日
  • インフルエンザの予防接種

病院は大混雑。

多くの人がいる待合所、人目もはばからず痛みにのたうちまわっていました。
床を転がっていましたね、コロコロと。

不思議なもので、必死なときは回りの目なんか全く気になりません。

さすがに様子がおかしいと気づいた看護婦さんが、空いているベッドに案内してくれて問診をしてくれました。
よくわかりませんが、少し安心したのか痛みが徐々にやわらいできました。

のたうち回る私に声をかけてくれた看護婦さん、本当にありがとうございます。
まさに白衣の天使でした。

泌尿器科で検査を経て「尿路結石」と診断

パソコンを見る男性
先生

うん、石があるね。
尿路結石だね。

達ブログ

尿路結石?
重病じゃなくて良かった

尿検査やらMRIやらをやって、尿管に石があることが判明しました。

そう、泣く子も黙る「尿路結石」です。

ただまあ、重病じゃなくてまずは安堵という感じでした。

腎臓でできた石が、尿管につまると激しい痛みが起こるらしいです。

  • 石は尿管を動きながらやがて尿と一緒に排泄される
  • 排出されれば痛むことはなくなる
  • 石が尿管内を動くときに石が尿管を塞いで圧がかかることで激しく痛む
  • 石が尿管をこする痛みではない

先生からの説明はこんな感じだったと思います。

石は不規則に動くため痛いときと痛くない時があり、しかもそれが突然やってきて突然終わるのです。

尿路結石の治療法は「水分をとりまくる」、そして石を出す

コーヒー
先生

水分をとっておしっこをたくさんしよう
薬じゃ治らないよ

先生から下された治療法。
「とにかく水分をとって尿と一緒に石を出す」でした。

突然やってくる耐え難い痛みにおびえながら、水分をとりまくる生活が始まりました。

今思うと、このときにホットコーヒーを飲みまくったせいでコーヒー好きになった気がします。
どうでもいい情報ですね。

激しい痛みをもたらした憎き結石は知らぬ間に消えた

喜ぶ女性

尿路結石判明から1週間もすると、痛むこともなくなってきました。

先生の指示に従って水分取りまくり排尿しまくりの生活をつづけた甲斐あって石が排出されたのでしょうか。

実際に自分の目で石が出たことを見ていないので痛みの恐怖は拭いきれません。


尿路結石判明から2週間後。

先生

うん、石は消えてるね

達ブログ

ホッ
よかった・・・

再び病院で検査を受けると、尿管から石は消えていました。
あの時の安堵感は今でも忘れられません。

ほんとに「ホッ」って言ったと思います。

全く気づきませんでしたが、どこかのタイミングで尿と一緒に石が出ていたんですね。

尿路結石との闘いは終わりました。

先生

再発する人も多いからね~
これからも水分多めに取って気をつけてね

「石のできやすさは体質も影響するから今後も再発の可能性は高いよ?」という先生の言葉に落胆したこともはっきりと覚えています。

尿路結石完治後の10年で再発はなし

初めての尿路結石から10年以上経ちます。

幸い再発はなく、痛みのない生活を送っています。

再発防止のため、水分摂取は心がけるようになりましたね。

とにかく尿を出すことが大事です。
例え石が出来ても、気づかずに尿と一緒に出している場合もあるみたいですしね。

食生活に気を使ったり、運動してみたり、尿管結石がきっかけで生活習慣が少し変わりました。

当時22歳。
勢いにまかせて健康とは程遠い生活を送っていたので、今思えば生活を見直すいいきっかけでしたね。

お風呂につかると痛みがやわらぐという噂

入浴する赤ちゃん

この記事を書くにあたり、尿路結石についてネットでちょこちょこ調べていました。
するとやや気になる情報が。

痛みだしたらお風呂に入ると痛みが和らぐという情報。

あの耐え難い痛みの最中、冷静に湯船にお湯を溜めてつかることなんてできるのだろうか。
っていうかまとも座っていられないから、溺れる危険もあるんじゃないか。

あの痛みから解放されるならば、試してみる価値はありですかね。

いや、例え本当だとしても痛すぎて風呂に入る余裕なんてマジでないから使えないか。

まとめ:尿路結石にならないために規則正しい生活を

筋トレ

今思えば、尿路結石を患ったことで多少なりとも健康に気を使ったり、生活習慣を考えるいいキッカケでした。

あんな痛みはもうごめんだ。

健康なうちは健康のありがたみがわからないってのは本当ですね。

若いから大丈夫ってのは尿路結石には通用しません。

22歳の若者でも石は突然やってきます。

皆さん、自分を過信せず健康に気を使って生きていきましょうね。
食事・睡眠・運動、この辺さえ気をつけりゃ生活習慣はあっという間に改善できます。

尿酸値が高めだと結石ができやすいなんて情報もありますね。

尿酸値高めな方も結石注意です→「尿酸キクA錠」

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次(クリックでジャンプ)
閉じる