【ケッターサイクル12インチ】2歳の息子の笑顔と運動神経のため

早いもんで、我が家の息子ももうすぐ2歳。

プレゼントはあれこれ悩んでいたんですが、衝動的に決めてしまいました。

ある日何の気なしにイオンへ。
何となく自転車を見に行ったところ、子供用の自転車が物凄く展示されているではありませんか。

試しに息子に試乗させたところ、大喜び。
喜んで乗っている姿を見て自転車に決めてしまいました。

ペダルのない自転車といえばストライダーが有名ですが、我が家はケッターサイクルを選びました。

  • 他の自転車との比較
  • ケッターサイクルの紹介
  • ケッターサイクルの魅力

今記事では主にこの3つについて紹介していきます。

ケッターサイクルを乗り回して満足げな我が子の笑顔を見ていると本当に買って良かったなと感じます。

目次(クリックでジャンプ)

ケッターサイクルは足蹴り~ペダル漕ぎまでこれ一台

ケッターサイクル姿

ケッターサイクルというのは商品名で、「People」という会社が販売しています。

最初はペダルのない自転車。
足で地面を蹴って進むんです。

そして、バランスが取れてきたころにペダルとチェーンをつけて自転車になるといった商品です。

これ一台で6歳頃までは間に合うそうなので、経済的かなとは思います。

ただまあ、メーカー側の売り文句なので実際にどうなるかはこれから要検証ですね。
耐久性とかサイズ感とか。

私は近所のイオンで購入しましたが、Amazonにも売っています。

STRIDER(ストライダー)は足蹴り専門特化型

ストライダー
引用元:ストライダー公式

ペダルのない自転車といえばストライダーがまずは頭に浮かぶでしょうか。

私が見に行った自転車屋さんでも、ストライダーが一等地に飾ってあったのでおそらく売れ筋で人気と推測されます。

確かにカラーも鮮やか&豊富でカッコイイ。

大人の私が商品を壊さない程度にケッターサイクルと乗り比べてみると、非常に乗りやすさを感じました。

実際に跨ってみると、改造したアメリカンバイクのような感じで後ろ下がりのフォルムのように感じます。
感じるだけで、遠目で見れば全然後ろ下がりじゃなかった。

息子もスイスイ進んでいたので、人体工学的に乗りやすい構造なんでしょう。知らんけど。

  1. 乗りやすい
  2. 軽い
  3. 豊富なカラーと在庫

この3点がストライダーの魅力でしょうね。

ストライダーを見送った理由はブレーキとペダルなし

ストライダーを見送った理由は主にこの2つ。

  1. ブレーキがついていない
  2. 足蹴りしかできない

過保護かもしれませんが、ブレーキがないというのはどうにも不安でした。
ブレーキを握るクセをつけたいという狙いもあります。

経済的なことで言えば、足蹴りしかできないのでいずれまた子供用自転車を購入する必要があるというのがネックでした。

足蹴りだけでいい!というのであれば、ストライダーは断然オススメできます。

ケッターサイクルよりに比べ乗りやすさ抜群です。

そしてめっちゃ軽い。

へんしんバイクは足蹴り→ペダルの元祖

へんしんバイク
引用元:へんしんバイク公式

ペダルなしから始まり、バランスがとれてきたらペダル・チェーンを装着して自転車になる。
これの元祖はこのへんしんバイクだそうです。

ぶっちゃけ、ケッターサイクルとの大きな違いはありません。

強いて言うならば、カラーがややポップで子供っぽい。
いや、子供用なので子供っぽくても何ら問題はないんですけどね。

ただまあ、正直なところ大人から見るとあまり好みなカラーじゃないなーとは感じました。

金額的には、ケッターサイクルよりもややお求めやすい。

へんしんバイク却下理由はサイズがなかった

うちの息子がチビ助なせいもあり、店頭にあった一番小さいサイズのへんしんバイクでも地面に足が届きませんでした。

調べると一番小さいのは12インチなんで、これなら足が届きそうな気もするんだけどなー・・・。

達ブログ

一体何インチを試乗したんだ?

とにかくまあ、そのお店にあった最小サイズは乗れませんでした。

これも縁、へんしんバイクとは縁がなかった。

子供の足が地面に届くのは足蹴り自転車の絶対条件。
ここは妥協してはいけませんね。

へんしんバイクはペダル取りつけが難しいらしい

これは店員さんから聞いた話ですが、へんしんバイクはペダル・チェーンの装着が中々難しいみたいです。
自分で体験した訳じゃないので何とも言えません。

ただまあ、いざとなりゃ自転車屋さんに持ち込めばいいんで大した問題じゃないありません。

餅は餅屋、自転車は自転車屋に頼めば万事解決です。

ケッターサイクルは渋めのカラーが素敵

引用元:People公式

ケッターサイクルはカラーラインナップがやや渋めなのがすごく好印象。

子供にとっては派手なポップな色がいいかもしれません。
しかし、お金を出すのは大人なのです。

大人が気に入りそうなカラーラインナップにしたケッターサイクル開発担当者はいいセンスしています。

サイズによってカラーリングが異なります。

ケッターサイクルのサイズ・カラーラインナップ一覧

ケッターサイクル種類
引用元:People公式

基本的にはどれもポップ感を抑えた渋めなカラーリングです。

最も大きい18インチのカラーが「ラズベリー」というセンスにはやや驚きです。
大きい程落ち着いた色の方がいいんじゃないかと勝手に心配しています。

カラーリングのほかはサイズによる違いはありませんが、12インチのみやや仕様が異なります。
私は今回12インチを購入したので、その辺も紹介していきます。

12インチのケッターサイクルはグルーミングホワイト

ケッターサイクル12インチ

うちの息子は身長が約84cm、12インチのケッターサイクルを購入しました。
12インチであれば、跨っても地面まで足が届き(ギリギリだけど)足蹴りも何とかなります。

ちなみに12インチのカラーリングは「ブルーミングホワイト」。

渋くていい色なんですよねー。

ケッターサイクル12インチは発砲ウレタンタイヤ&ママキャッチハンドルなし

ケッターサイクルタイヤ

12インチのみ、タイヤが「発砲ウレタンタイヤ」であり「ママキャッチハンドル」がありません。

ママキャッチハンドルがないことについて、今のところ全く不便は感じていません。

12インチを乗る程度の子供であれば、それほどスピードも出ませんのでママキャッチハンドルがなくとも何とかなります。

それから発砲ウレタンタイヤの評価。
発砲ウレタンタイヤはいわゆるノーパンクタイヤのこと。

普通のタイヤに比べて重かったり劣化が早かったりするみたいですが、今のところは走行距離がそうでもないので劣化具合はよくわかりません。

今後使ってみてどうなるかですね。

タイヤ交換もできるのかな?

ペダルなし→ペダル装着=成長に合わせた使い方

芽

ペダルなしから始まり、成長に合わせてペダル・チェーンを装着して自転車になる。
これがケッターサイクル最大の魅力でしょう。

子供にとってペダルなしで足漕ぎをするメリットは多いようです。

  • 運動神経がよくなる
  • 自転車に乗るのが上手になる

親からしてもある程度の年齢までこれ1台でいいという安心感・経済的にも優しい部分でメリットは大きい。

当然、サドル・ハンドルも成長に合わせて高さ調整可能。

この辺は普通の自転車と同じですね。

ケッターサイクルはブレーキ付(ベルもあるよ)

ベル

普通の自転車と同じように、両輪にブレーキが装備されています。
2歳現在、まだまだ手も小さく全然使えていません。

  • 転ぶ痛み
  • スピードを出す快感・恐怖
  • ブレーキの重要性

こんなことを身を持って学んでくれたらなと期待しています。

ベルも装備されているので喜んで鳴らしまくっています。

ケッターサイクルは地味にカスタムできる

万力と工具ボード

泥除け・カゴは標準装備じゃありませんが、部品を購入して装備することが可能です。

そう、ケッターサイクルはちょっとだけですがカスタムできるのです。
子供の心をわしづかみにするであろう実に粋なシステム。

必要性はともかく、「自分の自転車をカスタムできる」というのはきっと楽しいでしょう。
男の子は特に工具やら工作が大好きですからね。

一緒になって組み立て作業する光景を浮かべると自然と笑顔になってしまいます。

「父ちゃんすげー」って言われたい。

まとめ:ケッターサイクルで子供の成長をより感じよう

ケッターサイクルエンブレム
ケッターサイクルの特徴

・足蹴りからペダル装着へ、長く使える
・カラーが落ち着いた色合い
・ペダルの装着が簡単(らしい)
・同等の商品に比べて価格が高い
・12インチのみタイヤが「発砲ウレタン」

購入直後のレビュー。
まだまだ不満点はありません。

子供も喜んで乗り回しているんで良しとしましょう。

ケッターサイクルを乗り回して満足げな我が子の笑顔を見ていると本当に買って良かったなと感じます。

まだまだ危なっかしい足つきではありますが、徐々に上達する姿も見ていて幸せを感じる瞬間ですね。

では、今回はこの辺で!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次(クリックでジャンプ)
閉じる