【QOL】まずは節約で金を作る→お金と時間を生み出す【時は金なり】

今回のテーマは「時間とお金と節約」。

時間とお金なんて難しそうな雰囲気を出していますが、日本に暮らす全員が考えるべきテーマです。

資本主義国家日本では、基本的にお金を持っている方がQOLが向上します。
QOL(quality of life)とは、要は生活の質のことです。

時間とお金を手に入れるためには、まずは節約してお金を生み出す。
庶民が充実した人生を手に入れるための第一歩なのです。

ということでね、今回は人生の重大テーマ「時間とお金」、そこに節約という庶民的キーワードを付帯して説明していきますね。

  • 時間とお金に対する私の考え
  • 節約に対する私の考え
  • オススメの節約術

今記事では主に上記3点について紹介しています。

目次(クリックでジャンプ)

人生で最も貴重なものは「時間」である

天秤

まず大前提として、私の価値観をお伝えしておきましょう。

人生で最も貴重なものは「時間」である。

なぜか、時間だけはこの理不尽ばかりの世の中で唯一平等であると考えているからです。

  • 貧乏
  • 金持ち
  • 美人
  • 不細工
  • 権力者
  • 天才
  • 凡人

どんな人でも一日は24時間。
この24時間をどう使うかで、後天的な人生は決まります。

きっと成功を掴んだ人・お金持ちの人は、24時間を有効に使い有効な努力を重ねたのでしょう。

成功を掴んだ方の多くは、必ず何らかの努力を重ねているはず。
努力を重ねるには必ず「時間」が必要です。

お金持ち←成功を掴む←努力を重ねる←努力にあてる「時間」を作る

そしてお金があればさらに時間を生み出せる、更にお金を生み出すといった無限ループ突入。

そうなりゃ人生イージーモードに突入。
するはずと信じています。

人生で最も強い武器は「お金」である

お金を持つ人

人生で最も強い武器は「お金」である。

これもまた私の価値観のひとつ。

お金で解決できる問題は数多くあります。

皆さんの今の不安ごとや悩みを想像して見て下さい。
そして次に、半端じゃなく有り余るほどの富があると想像して見て下さい。

どうです?

最初にイメージした不安・悩みは、富つまりお金があれば消えてなくなる不安や悩みはありませんでしたか?

もちろん、お金で解決できない問題も数多くあります。
では、それはお金をもっていなければ解決するのか?

そんなことはありません。

  • 食べ物
  • 趣味
  • 旅行
  • 学力
  • 居住地域

お金で左右されることは数多くあります。
はっきり言って、お金持ちとそうでない人とでは人生における選択肢の数が全然違う

解決できる問題も桁違い。

先ほども書きましたが、お金があれば自由に使える時間も増える。
こりゃお金持ちになるしかないでしょうよ。

そしてお金持ちになるためには、お金持ちになるために努力する時間が必要なのです。

ニワトリとタマゴのパラドックスみたい。

いつかは「お金が全てではない」と言ってみたい

「お金がすべてではない!」

そんなセリフは実際に溢れんばかりのお金を使える立場でなければ言えません。
今言っても負け惜しみにしか聞こえません。

日本から出たことのない人が言う「日本最高!」。
世界中を旅した人が言う「日本最高!」。

説得力が全く違いますよね。

うーん、人生で言ってみたいセリフのトップ10には間違いなく入りますね。

時短にはお金を使うのが基本=時間に投資

豚の貯金箱

「時間に投資する」

これは時間・お金・節約を考える上で物凄く重要な考え方と自負しています。

例えば、時短につながる家電があるなら購入を検討するべきです。
さすがに「借金してまで」とは言いませんが、検討してみる価値は確実にある。

  • 余裕があれば購入する
  • 購入するために計画を立てる

我が家で言えば、ドラム式洗濯機購入を計画中。
ドラム式洗濯機が購入できれば、洗濯~乾燥まで洗濯機さんにやってもらいあとは畳んでしまうだけ。

「干す」という行為が省略できるのはもちろん、「干す場所」も必要なくなるのです。
空いた時間にブログ・読書・映画・副業、好きなことができるのであれば、時間のために洗濯機に投資するのもアリだと思えませんか?

「時短家電を買う」→「時間ができる」→「お金を稼ぐチャンスが生まれる」→「資産が増える」

こんな風に考えています。
これはあまりに都合のいい考え方でしょうが、まずはチャンスが生まれるのが重要。

0から1を作り出すのが重要なのよ。

達ブログ

お掃除ロボットも欲しいよね
掃除機の時間ってもったいないよね

お金持ちへの第一歩はどう考えたって節約

札束

時間とお金の関係性については先ほど書いた通りです。

で、もし現段階で「時間」「お金」どちらも全くなかったらどうするのか?
「貧乏暇なし」とはよくできた言葉ですね。

ここで登場するのが「節約」。

まずは節約して「お金」を生み出しましょう。
庶民はまずは節約して投資に回せるお金を生み出すことから始めます。

ただまあ、やみくもに色々な費用を削ればいいかと言えば全然そんなことはありません。
必要なところには投資して、不要なところを削るのが重要なのです。

生活の質が下がるような節約は愚の骨頂

stopマーク

節約は重要ですが、生活の質が低下する節約は絶対にやめましょう。

例えば、「節約のため暖房や冷房を使用しない(又は弱く使う)」。
これは全くもって間違った節約。

暑い部屋・寒い部屋で集中して何かに打ち込めますか?
作業がはかどりますか?

快適な温湿度の環境の方が、家事やら仕事がはかどったりやる気がでませんか?

「我慢」が必要なレベルでの節約は絶対にやめるべき。

結局は作業に時間がかかり、お金と並んで重要な時間を浪費してしまうのです。

仮に作業自体は時間を要さずできたとしても、肉体的な疲労度はグッと増しているでしょう。
そうなれば結局休憩に時間を割くことになって時間を浪費するのが人間というものなのです。

  • 作業がはかどらない
  • ストレスが溜まる
  • 時間を浪費する
  • 体調を崩す

悪いことずくめです。

生活の質を下げず、生活環境を悪化させないように節約するのが重要なのです。

電気料金を下げたいなら使用量ではなく単価を下げる

電球

例えば、電気料金を節約したいならば冷暖房の使用を控えるのでなく電力会社を見直す。
まずはこれです。

使用量の節約ではなく、単価自体を下げてしまえば生活の質を下げることなく節約が可能となります。

最近は新電力と言って、電力会社以外とも契約できるようになりました。
これは電気料金節約には絶大な効果を発揮します。

私の住む北海道だと、Looopでんきが相当安いです(達ブログ調べ)。
ネットからポチっとすれば電気代の節約は完了です。

【電気代の節約に【Looopでんき】】

ケータイ料金を安くしたいなら使用量ではなく単価を下げる

スマホをさわる男性

例えばスマホの料金を安くしたいなら格安SIM。
大手キャリヤから格安SIMに乗り換えるだけで、使用量はそのままに節約できます。

友人や家族との連絡を我慢するのではなく、電気同様単価を下げれば何も我慢することなくケータイ料金節約。

最近でいえば、楽天モバイルが最高に最凶に安い。

ネットからポチっとするだけで節約完了。

\1GBまで0円/

まとめ:時間とお金は生活の質を上げる両輪

金が舞う

QOL向上には時間とお金が不可欠。
そしてその両輪を手に入れるため節約に目を向けることは非常に重要。

ですが生活環境を著しく悪化させる、時間を無駄にする節約は絶対にだめ。

それは節約ではありません。
無駄じゃないものをそぎ落とせば、必ずその弊害がやってきます。

  • 生活の質を落とさない
  • 時間を無駄にしない

節約を考えるときは必ずこの2つの点も考えましょうね。

QOL爆上がり目指してともに頑張りましょう。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次(クリックでジャンプ)
閉じる