ベックマン9411メンテナンス手順とグッズ紹介【REDWING】

当ブログで中々アクセス数の多いベックマン9411(ブラックチェリー)の記事になります。

前回の記事では私所有のベックマンを紹介(自慢)したり、たいして目新しくもない情報をお届けしました。

で、今回はエイジングレポートではなく、メンテナンスについてご紹介です。
メンテナンスといってもそんなにこだわってやってるタイプじゃありません。

  • ベックマンのメンテナンスグッズ紹介
  • ベックマンのメンテナンス手順解説

今記事では主に上記の2点について紹介しています。

最初に断っておきますけど、気を使って丁寧にピカピカを目指すメンテではありません。
ワークブーツを言い訳に、割とテキトーなメンテなのでその辺はご理解を。

この程度のメンテナンスで、大好きなベックマン9411(ブラックチェリー)がどんなエイジングを見せてくれるのか。
何十年と人生をかけて検証していきますよ(大げさ)。

目次(クリックでジャンプ)

メンテナンスはやらな過ぎても過保護になってもいけない

崖から飛び込む男性

ベックマンを履いた後に必ずブラッシング。
普段のメンテはこれしかやっていません。

ただまあ、さすがにブラッシングだけではいずれオイルも抜けてカラカラに。

丸っきり手をかけないのもダメ、かといって過保護にしすぎるのもワークブーツらしさを失ってしまう

もちろんそんな状態は革に良いはずもなく、最悪ひび割れに繋がってしまいます。
いくらワークブーツとはいえ、ひび割れをエイジングと呼べるかと聞かれると答えはNO。

何でもかんでも「味になる」で片づけるのはいただけません。
何も手を掛けずに劣化していくのは「経年変化」ではなく「経年劣化」に過ぎません。

たくさん履いて必要に応じてメンテナンスして、それでも革に刻まれていくキズやシワこそが「味」と呼べるのです。
それこそ「経年変化」であり私の目指すべきエイジングなのです。

ということで、そんな考えを持つ私が実践しているメンテナンスグッズ・手順を紹介していきます。

ベックマンのメンテナンスグッズ紹介

万力と工具ボード

まずはベックマンのメンテナンスグッズについてサクッと紹介しておきます。

シューキーパー(シューツリー)

木製で、サイズが合えば何でもオッケー。
私の場合は、無印良品で購入したシューツリーです。

こだわりの逸品ではなく、何かのついでに買ったというだけのこと。
今のところ充分満足できています。

馬毛ブラシ

ブラシはとにかく持ちやすいものを選びましょう。
所詮ゴミ落としをするだけのブラシです。

メーカーによってゴミ落としの能力が大きく違うとは思えません。

メーカーではなく「持ちやすさ」で選んだ方がよろしい。

汚れ落とし(リムーバー)

これも何でもいいと思います。
私は、近所のホームセンターに売っていたのがモウブレイのステインリムーバだったのでこれを使っています。

調べると愛用者も多く性能も良さそうなので、迷ったらコレで問題ありませんね。

オイル・シューグリース

ベックマン(フェザーストーン)に動物性のオイルはNGです。
艶がなくなってしまうみたいですね。

レザーケアの定番、マスタングペーストやニーツフットオイルは避けましょう。

私はヒューバーズを使っていますが、性能というよりはデザイン重視で選びました。

私は馴染みの服屋さんで購入しましたが、コレあんまり売ってないんですよね・・・。

豚毛ブラシ・化繊ブラシ

馬毛ブラシ同様、豚毛ブラシもメーカーではなく「持ちやすさ」で選んで問題なしです。

私の場合、近所のホームセンターで置いているものが化繊ブラシだったのでそれを使っています。

特にこだわりもないので、持ちやすさとコスパで選んでいます。

ベックマンのメンテナンス手順解説

靴棚モノクロ

早速メンテナンス手順を紹介していきます。
ベックマンはワークブーツなので、過保護にしすぎなくてもいいかなと考えています。

メンテナンス手順(写真付き)

STEP
準備をする

紐(シューレース)を外し、シューツリーを入れます。

紐を外した9411
シューツリーを入れた

ワークブーツの紐を外した姿って好きなんですよね。
タンのクシュクシュした感じがたまりません。

STEP
ブラッシングでゴミを落とす

馬毛ブラシでひたすらブラッシングします。
家の掃除で例えるならば、掃除機掛けのようなもんです。

馬毛でブラッシング
羽根裏をブラッシング

紐を外したので、ゴミの溜まりやすい羽根の内側も入念にブラッシングです。

羽根裏
STEP
溶剤で汚れを落とす

ブラッシングでゴミを落とした後は、ステインリムーバを使って更に汚れを落としていきます。
家の掃除で例えるならば、雑巾がけのようなもんです。

ステインリムーバ
汚れ落とし

ウエスにステインリムーバを適量(テキトー)つけて優しくゴシゴシ。

汚れたウエス

こんな感じで汚れが目に見えるので白いウエスを使っています。
成果が目に見えた方がやる気がでる!

STEP
オイル補給

汚れを落とした後は、スッピンになったブーツにオイルを補給していきます。
家の掃除で例えるならば・・・、何だろう。

オイルとブラシ
オイルを指で

私はいつも「指」でオイルを塗っています。
理由は細かいところまで塗りやすいから。それだけです。

もちろんウエスで塗っても全く問題ありません。

愛用オイルは、デザイン重視で購入したヒューバーズ。

オイル補給中
ちょっとオイル塗りすぎ

ベックマンに使われているレザー「フェザーストーン」は、動物性のオイルNGです。
艶が損なわれてしまうみたいですね。

試してないからわかんないけど。

9411のソール

ソール(靴の裏)部分、一部だけレザーが使われています。
忘れずにオイルを補給してあげましょう。

STEP
ブラッシングでオイルを馴染ませる

オイル補給後は豚毛ブラシでブラッシングしていきます。
この作業は、オイルを革に馴染ませる効果と余分なオイルをブラシに吸着させる目的があります。

ブラッシング中

豚毛ではなく、化繊ブラシでもOKです。
私も化繊ブラシを愛用。

STEP
乾拭きする

余分なオイルを拭き取るのと、磨き上げる意味で乾拭きをします。

私は磨き上げ用のクロスを持っていない(買えよ)ので、普通の布ウエスでやっています。

STEP
紐を通して完成
メンテ後の9411
メンテ後に紐装着

はい、紐を通して完成です!
うん、しっとりしてイイ感じ。

作業して実際に手で触れると、ビフォーアフターの違いはよく分かると思います。
ほんとにしっとりします。

トゥ(つま先)が少し色剥げしてるので、次回は補色してみようかな。

ベックマンのメンテナンスビフォーアフター

さ、ベックマンをメンテナンスしたところで気になるのが見た目の変化。
ビフォーアフター写真の公開でございます。

メンテBefore

メンテビフォー
メンテビフォー(つま先)

メンテafter

メンテ後に紐装着
メンテアフター(つま先)

んー、しっとりはしたけどツヤが減ったような・・・。
ま、光の加減とかもあるんで気にしないことにしましょう。

仕上げの乾拭きもテキトーにやったんでこんなもんでしょう。

追記

この後、馬毛ブラシで磨いてやると輝きが増してきました。
仕上げは馬毛ブラシにした方がいいのかなー。

まとめ:ベックマンはワークブーツ、メンテナンスは過保護に注意

親指を立てる少女

この記事見て頂いてわかる通り、それ程過保護なメンテはしていません。
ま、ワークブーツなんである程度雑にやっても様になります。

  1. 汚れを落とす
  2. 油分の補給

最低限この2つが達成できればオッケー牧場。

この程度でも、手をかけてやれば愛着もわくし長持ちするはずです。

次回は補色もしようかな。
磨き上げ用のクロスも買ってみようかな。

欲しいものがどんどん出てきますね。

さて、メンテも済んだので雪が降るまでベックマン履きこみますよ。
エイジングも楽しみですな。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次(クリックでジャンプ)
閉じる