【桃太郎ジーンズ】週4日×3か月履いての初洗濯レポート【色落ち】

洗濯機のスイッチ

2021年4月に桃太郎ジーンズヴィンテージレーベルを購入。

そこから3か月洗わずに我慢して履き込み、今回ようやく念願の初洗濯を終えました。

久しぶりのジーンズ購入にテンションが上がってたくさん履き込んでやりましたよ。

ということでね、今回はそんな桃太郎ジーンズの初洗濯についての記事になります。

  • ジーンズを3か月洗わずに履いた感想
  • ジーンズの初洗濯
  • 初洗濯後のジーンズ

今記事では主に上記3点について紹介しています。

桃太郎ジーンズの色落ちや経年変化具合の参考になれば幸いです。

写真多めです。

撮影環境と私のテクがしょぼいのでジーンズの色が黒っぽかったり青っぽかったり。
色味に関しては実物とやや乖離していますが、その辺はまあ個人ブログということでご理解頂ければと存じます。

目次(クリックでジャンプ)

桃太郎ジーンズは汚れを気にせずとにかく履いた3か月

3

2021年4月に履き始めて早3か月。

一口に3か月と言っても個人差があるでしょう。

私の場合、仕事中は100%作業服のためジーンズを履くチャンスは皆無。

なのでプライベートな時間は極力履くように心がけました。

  • 家庭菜園などの庭仕事
  • BBQ
  • 子供と公園遊び
  • 洗車・車のメンテナンス
  • 買い物

汚れることは全く気にせずとにかく履いてやりましたよ、ええ。

履き込みしていて感じたのは、「夏じゃなくて良かった」ということ。

夏の汗ばむ季節だと3か月も洗濯しないのは耐えられなかったかもしれません。

ジーンズを購入するなら春か秋ですね。

3か月履いたジーンズの雰囲気を写真でチェック

まずは全体像。

膝が出てきたし、膝裏のシワ(ハチノス)もくっきりと表れてきました。

洗濯前フロント
洗濯前バック

続いて腰回りの拡大。

履いたらわかるんですが、購入当初に比べ自分の形になってきたのを実感できます。

洗濯前腰回り
洗濯前腰回り
洗濯前左ポケット
洗濯前右ポケット

気になる点として、ロールアップして履いていた裾に気づくと穴が空いていました。

意外と脆いもんですな。

洗濯前裾
洗濯前裾に穴

革パッチにはそれほど変化が見られませんね。

洗濯前革パッチ

購入当時「ベルトループがキツイ!」と文句を垂れていましたが、履き込んでいくうちにベルトも比較的簡単に通せるようになってきました。

ベルトループ
購入当初
ベルトループ
履き込み3か月後

桃太郎ジーンズを縦型洗濯機とアクロンで洗濯してみる

洗濯機

4月に購入した桃太郎ジーンズ、3か月履き込んでついに初洗濯でございます。

洗濯によって無駄なダメージを与えたくないので、裏返し&ボタン全閉めでネットに入れて洗っていきます。

ジーンズ裏返し
折りたたみ
ネットイン

ジーンズ専用洗剤なんて商品も巷には溢れています。

が、ジーンズのためだけに洗剤をわざわざ買うのもアレなので私は家にあったオシャレ着洗いの代名詞「アクロン」で洗濯です。

使う洗濯機はごくごく普通の縦型洗濯機、洗浄コースは普段の洗濯でおなじみ「全自動コース」で洗います。

っていうかね、この洗濯機購入以来「全自動コース」以外使ったことない。

なのでジーンズも迷うことなく「全自動コース」です。

洗濯機に入れる
アクロン

洗浄→すすぎ→脱水

ここまでは洗濯機のお仕事で、干して乾燥させるのはジーンズオーナーのお仕事です。

さすがに乾燥機能は使わない方がいいでしょうね、たぶんめっちゃ縮む。

ジーンズ洗濯後は立体的に日陰干し

洗濯後

さ、洗濯が終わったら次は乾燥です。

さすがに乾燥機はまずいので、ジーンズオーナーさんが手作業で干しましょう。

基本的には風通しの良い場所で日陰干し。

私の場合、めっちゃ日当たりのいい部屋で窓全開にしてレースカーテンを閉めて干しました。

立体的に干す
裾を広げて干す

生乾きだけは絶対にイヤ、極力立体的になるように干してみました。

特にウエスト部分は乾きにくいので、ベルトループに洗濯ばさみで吊るすという一工夫。

腰回りを干す

干し方については「平干し」が推奨されていますが、「平干し」は私の経験的に生乾き確率が高い。

どんなにカッコイイジーンズでも生乾き臭は許せません。

自分はもちろん、周囲にも不快な思いをさせてしまいますからね。

で、この干し方で丸一日放置してすっかり乾燥、もちろん生乾き臭は一切なし。

万が一生乾きしてしまったら除菌あるのみ。

今記事で紹介している桃太郎ジーンズとは別なジーンズですが、生乾き臭撲滅を決行した記事があるので是非ご覧ください。

ヴィンテージレーベルは初洗濯後はちょっと縮む

尺

桃太郎ジーンズのヴィンテージレーベルはワンウオッシュなので基本的には縮みません。

が、購入したショップのジーンズマニアな店員さんに聞くと「横は縮まないが縦は少し縮む」との証言が。

その言葉を信じ言われるがまま少し長めに裾上げしたので、洗濯後の縮み具合が気になっていました。

洗濯後の丈
洗濯後の丈

お、丈が約2センチ縮んでいますね。

洗濯前の長さ拡大
洗濯前
洗濯後の丈
洗濯後

店員さんの言う通り、初洗濯で丈はやや縮みました。

もう少し裾上げしたいところですが、ロールアップがお気に入りになってきたので裾丈はこのままいこうかな。

洗濯前裾

裾上げする方、初洗濯前の上げすぎは要注意。

とりあえず長めに裾下げしておいて、一回洗濯してから改めて理想の丈に裾上げするのが間違いないでしょう。

洗濯(乾燥)後のジーンズの雰囲気を写真でチェック

まずは全体像、色落ちはほとんどしていないように見えます。

洗濯後フロント
洗濯後バック

続いて腰回りの拡大。

洗濯後腰回り
洗濯後腰回り
洗濯後の股

見た目にはそれほど、というかほとんど色落ちはありません。

腰回りのシワや膝裏のハチノスはやや目立たなくなりましたが、消えたわけではなく数日履けば元通りです。

洗濯後で一番感じたのは、見た目よりなにより履き心地の違い。

汚れが落ちてキレイになって気持ちいいのはもちろん、買ったときのようにピタッと引き締まりました。

買ったときと違うのは、ただキツいのではなく自分の体にフィットしているという点。

あの3か月は無駄じゃなかった。

履き込んで自分の体の形になったジーンズは、洗濯でリセットされることなく一安心です。

まさに「自分だけの一本」。

ジーンズ好きな人の気持ちが少し理解できた気がします。

まとめ:今後は特に気にせず普通に洗濯するつもり

MOMODROP’S

3か月の履き込みを終えてようやく初洗濯できた桃太郎ジーンズ。

綺麗さっぱりしたジーンズはやはり気持ちが良いですね。

今後は特に期間を意識することなく「汚れたら洗う」スタイルで履き込んで育てていきます。

洗濯するときも特別扱いはなし。

裏返してネットインする以外は特別扱いせず、家にある洗剤で全自動コースが既定路線。

もちろん用途を問わず、汚れることを恐れず履き倒してやりますよ。

大体3か月~半年を目安に、今後も色落ち具合や経年変化を報告することにします。

当ブログサイトはWordPressテーマ「SWELL」を使用しています。
  1. ブロックエディター「Gutenberg」に完全対応
  2. 自由度の高いデザイン性
  3. プログラミング知識不要で記事装飾が超簡単
  4. 「痒い所に手が届く」機能が随所に
  5. 買い切り型&複数サイトに使用可能
  6. 利用者限定コミュニティで意見交換
  7. アップデートで常に進化し続ける
洗濯機のスイッチ

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
トップへ
目次(クリックでジャンプ)
閉じる