【水性ポマード】魅力・オススメ紹介と無香料への思い【グリース】

皆さん、整髪料は何を使っていますか?

  • ワックス
  • ムース
  • スプレー

どれも定番であり王道であり優秀な整髪料たちですね。

この王道ラインナップに「ポマード」も加えてみませんか?
というのが今記事のテーマでございます。

ポマードは大きく分けて油性・水性ポマードがありますが、今回は主に水性ポマード推しで進めていきます。

ワックスじゃダメなの?

  1. 再セット力
  2. 伸び・なじみ
  3. 香り
  4. パッケージデザイン

この4点はどの整髪料よりも水性ポマードの方が優れていると感じています。

水性ポマード歴6年(大したことない)の私が言うので間違いありません。

  • ポマードの魅力と特徴
  • 水性ポマードと油性ポマード
  • オススメ水性ポマード紹介

今記事では主にこの3つについて紹介していきます。

水性ポマードのことを「グリース」と呼ぶ商品・メーカーもあります。
グリースと名のつくものは「ポマード」と認識して問題ないです。

目次(クリックでジャンプ)

ポマードはリーゼントも作れる抜群の整髪力が武器

床屋で散髪

ポマードといえばリーゼントスタイル。
このイメージは中々根強いですよね。

  • エルビスプレスリー
  • ブライアンセッツアー
  • 宇崎竜童

私の中でリーゼント・ポマードといえばこのお三方が浮かびます。

バリっと決まった形とツヤ。

ありゃあポマードでなければ出せないヘアースタイルでしょう。

別にリーゼントにしないからポマードなんていらねーよ

達ブログ

リーゼントスタイルだけがポマードの仕事じゃない!

私自身もポマード愛用者ですが、リーゼントにしたことは一度もありません。

そう、何もポマードはリーゼント用の整髪料ではありません。

ここで重要なのはリーゼントもできてしまう程の整髪力を持っているという点。

つまりは整髪力を生かしてどんな髪型にも対応できるのです。

日常使いなら水性ポマード、がっちり決めたいときは油性ポマード

指を立てる男性

ポマードには「油性」と「水性」があります。

  • ツ ヤ:油性>水性
  • 整髪力:油性>水性

整髪力・ツヤで言えば「油性ポマード」の圧勝
再セット力も「油性ポマード」の圧勝。

先に紹介したリーゼントスタイルの代名詞のお三方はおそらく油性ポマード使用でしょう。

ただですね「油性ポマード」には決して見逃せない弱点があり、日常使いなら断然「水性ポマード」をオススメします。

その弱点と言うのは油性ポマードは洗い流すのが大変。超大変。

油性ポマード最大の問題は、洗い流すのがめっちゃ大変なことです。

シャンプーしても全然落ちないんですよね。

私の体験談で言えば、数回シャンプーしても完全に落ち切っていないようなあの感覚。

一方で、水性ポマードはシャンプーで簡単に洗い流せます
ワックスやムースなど、他の整髪料と変わらない落ち具合です。

洗い流す手間を考えると、日常使いには確実に油性ポマードよりも水性ポマード。

軽い気持ちで、日常的に使用するならば水性ポマードです。

ビジネスマンが毎日使うと考えると、とてもじゃないが毎日シャンプーに苦労するのはしのびない。

日常使いには水性ポマード。
ばっちり決めたいときには油性ポマード。

使い分けるといいかもですね。

なんて言っときながら私はいつも水性ポマード。

油性ポマードの整髪力は異常

過去に一度だけ、馴染みの床屋で油性ポマードでセットしてもらったことがありました。

整髪力は自分が生きてきた中で間違いなく油性ポマードがNo.1でしたね。

お風呂でシャンプーしているとき、ちょんまげ・トサカ・アイスラッガー作って遊んだことありません?

油性ポマードはまさにあの感覚の整髪力なのです。

シャンプーよりもネットリと重みはありますが、髪全体が針金・ハンダのように程よい固さとコシになり好きなように成形できます。

ただまあ先ほども書いた通り、とにかく洗い落とすのが大変。

油が飛び散ったガスコンロを洗っても洗ってもヌメヌメするようなあの終わりの見えない感覚。

シャンプーがツラすぎたので、それっきり油性ポマードは使っていません。

ちなみにエルビスプレスリー、油性ポマードを洗い流すのに中性洗剤を使っていたみたいです。
半端な覚悟で油性ポマードに手を出してはいけません。

ビジネスシーン・日常使いなら水性グリースで充分な整髪力

オシャレな2人組

油性ポマードは最強クラスの能力がありながらも扱い(シャンプー)が面倒。

なので、ビジネスシーン・日常使いには断然水性ポマードがオススメです。

プライベートはもちろんビジネスシーンでも使える万能整髪料、それが水性ポマードなのです。

  1. 抜群のセット力
  2. 色気漂うツヤ感
  3. 崩れても再セットできる再セット力

油性・水性問わずポマードの魅力はこの3点でしょう。

が、油性ポマードはビジネス・日常使いにオーバースペックじゃね?

油性には劣りますが、水性ポマードでも充分な能力を有しています。

バリっとつややかにセットされた頭は、いかにも仕事ができそうな雰囲気が漂います。
しかしそれは油性ポマードではなく、水性ポマードでも充分に用を成すのであります。

そう、ビジネスシーンや日常使いであれば、水性ポマードの能力でも充分なのです。

油性ポマード愛好者からすれば、「水性なんてポマードじゃねえ!」なんて声も聞こえてきそうです。
全く気にせず行きましょう。

再セット力の高さも見逃せない水性ポマード

風船を持つ少女

水性ポマードで見逃せない大きな特徴の一つが「再セット力」。

強風の中お得意様のところまでダッシュ。
ヘアースタイルが多少乱れたって、お手洗いで鏡を見ながら再セットすれば何てことはありません。

あっという間に仕事できる風の見た目に復活であります。

仕事中、ヘルメットや帽子を被る場面があってもポマードなら平気です。
鏡を見ながら再セットすれば何てことはありません。

あっという間に仕事できる風の見た目に復活であります。

再セット力が他の整髪料に比べて群を抜いて優れている点は見逃せません。

水性ポマードはデザインと香りがGOOD

アイデアをノートに書きだす

肝心な整髪力はいったん置いといて、他の魅力を紹介しましょう。

  1. パッケージデザインの良さ
  2. 強烈な香り

まずはデザイン、センスのいいデザインが非常に多い

ポマードに関してはジャケ買いも全然アリです。
っていうかしたことあります。

それと香り。
特に海外ブランドのものは香りが独特&強烈です。

付けたときから洗い流すまでニオイが全然落ちません。
海外ポマードはその点非常に攻めています。

無香料タイプを出しているブランドもあるので、ビジネスシーンや強い香りを避けたい場面ではそちらがオススメです。

水性ポマードはドラッグストアにも陳列されるポピュラー整髪料

スーツ姿の男性
  • ワックス
  • ジェル
  • ムース
  • スプレー

そしてポマード

特に水性のポマードは今や整髪料の一員として、ドラッグストアとかにも置いていますからね。
だいぶ身近な整髪料として普及してきたように感じます。

  • オジサンくさい
  • マニアック
  • 個性的

どうか、こんな理由でポマードを敬遠しないで下さいね。

オススメ1:SUAVECITO(スアベシート)

スアベシート外観
スアベシート中身

リーゼントなガイコツがトレードマーク、アメリカ産。
もちろん水性です。

アメリカで最も売れているポマードらしい。

・セット力、キープ力、ツヤのバランスが良い
・伸びが良い
・香りが個性的

・香りが強く場所を選ぶ
・入手しにくい

さすが海外産って感じで香りはかなり強烈

長所でもあり短所でもある部分ですね。

季節ごとに限定モデルの香りを販売していることもあり、香りにこだわりも強いんだと思います。

ウイスキー・ラム酒・カップケーキ・サンダルウッドの香りなど、かなり個性的。

現在私がつかっているのは2018年に購入したサンダルウッドの香り。
開封して2年経ちますが、香りに衰えや変化はありません。

ネット含め取り扱っているとこがかなり少ないんで、購入しにくいのが難点
運よく売っててもめっちゃ高かったり。

オススメ2:REUZEL(ルーゾー)

ルーゾー外観
ルーゾー中身

ブタがトレードマーク、オランダ産です。

オランダのバーバーショップ「Schorem(シュコーラム)」が手掛けるポマードですね。

ちなみにシュコーラムっていうのは和訳すると「クズ野郎」という意味。
従業員はみんなヒゲ+タトゥーの強面集団。

これほんとに床屋か?

・セット力、キープ力、ツヤのバランスが良い
・香りが個性的
・比較的入手しやすい

・香りがやや強く場所を選ぶ

私が使ったことがあるのは、青色のタイプのみなので青い色タイプの評価になります。

バニラっぽいような甘い香りで、セット力・キープ力・ツヤは申し分ありません。
先に紹介したスアベシートに比べ、若干伸びが悪い印象です。

ルーゾージャパンという国内代理店もあるので、スアベシートより遥かに手に入りやすいです。
海外産が気になる方は是非一度お試しあれ。

ケースは一見ビンテージ感のある雰囲気ですが、あれはプリントです。
正直、近くで見るとちょっと残念な感じ。

オススメ3:BROSH (ブロッシュ)

ブロッシュ外観
ブロッシュ中身

フクロウがトレードマーク、Made in Japanです。

・Made in Japan
・無香料タイプがある
・入手しやすい

・海外産に比べ整髪力は劣る
・伸びが悪い

無香料を使いたいときはこれ

香り付きもありますが、私は無香料しか使ったことありません。

日本産ということもあり、かなり手に入りやすいのが長所だと思います。

ポマードの無香料はほんとありがたいです。

キツイ香りNGな場面ではホント重宝しています。

少し厳しいことを言うと、無香料であること以外は先に紹介したスアベシート・ルーゾーには及びません。
日本産なので応援したい気持ちはあるんですけどね。

オススメ4:クールグリース コンクリート

こちらも日本産、パッケージは特段カッコイイわけではありません。
今回紹介するか迷ったんですが、一応グリースとして販売されているのでポマードというカテゴリにしたいと思います。

使った感触はハードなワックスって感じですけどね。

今現在使用していないので、写真はありません。

・整髪力が高い
・価格が安い
・入手しやすい
・無香料

・固く伸びが悪い
・グリースでありながらツヤが全くない

  • めっちゃ固い
  • 伸びが悪い
  • ツヤがない

「グリース」という名称ながら、ポマードらしくないアウトローな一品です。

ただあなどるなかれ、セット力・キープ力で言えばかなり凄まじいです。
ツヤなしでコスパを求めるならこれしかありません。

こちらはドン・キホーテでも普通に売っているのでかなり入手しやすい商品です。

価格的にもかなりお手頃。

オススメ5:N. オム アクアグリース

アクアオムグリース外観
アクアオムグリース中身

「N.」と書いて「エヌドット」と呼びます。

最近手に入れて使い始めたのですが、このグリース非常に良い!

私の中で、ついに国産が海外産を超えたと思える水性ポマードです。

  • ツヤ
  • セット力
  • キープ力
  • 香り

柑橘系の香りが非常に心地良く海外産にも負けない整髪力も兼ね備えています。

一つだけ欠点を挙げるとすれば、国産でありながら入手しにくいという点です。

「N.」という商品、サロン専売品なので取り扱っている理美容室でしか購入できません。
近所に取り扱っている理美容室があればいいのですが。

・セット力、キープ力、ツヤのバランスが良い
・伸びが良い
・香りが心地よい

・入手しにくい

もし手に取る機会があれば是非!

メーカーさん、無香料ポマードをもっと作って

花を嗅ぐ女性

ポマードを買うときに注意したいのがニオイ。

強めのニオイはポマードの特徴でもあり弱点でもあります。

整髪料メーカーさん、無香料タイプにもっと力を入れるべき。

無香料製品が少なすぎる!

微香とかほんとに不要。

微香にするくらいなら無香にしてくれと思っている人が一体どれほど溢れかえっているのやら。

半端な香りって汗と混ざると嫌な臭いになるんですよね。
それなら汗に負けないほどの強い香りか、全くの無香料の方がいいと思います。

整髪料を使う多くはビジネスマン。
であれば、ビジネスマンに需要のある無香料ポマードにももっと力を入れて下さいませ。

まとめ:ビジネスマンの皆さん、水性ポマードをお試しあれ

ポマード一覧

達ブログ的No.1水性ポマードはずばり、「N. オム アクアグリース」!

もし手に入るなら、是非お試しいただきたい。

  • 整髪力:海外産>国産
  • 香 り:海外産>国産
  • 入 手:海外産<国産

ただ、総合的にみると水性ポマードは海外産の方が性能上かなーって感じがします。
N. オム アクアグリースがちょっと凄すぎる。

水性ポマードが気になっている方、整髪料選びに悩んでいる方の参考になれば幸いです。

そしてメーカーさん、もっと無香料タイプにも力を入れて下さい!

日本人の多くは学生や会社勤めなど組織に属しています。
香り付きよりも、無香料を求めるニーズはけっこうあると思いますよ!

人間、見た目はとっても大切ですよ。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次(クリックでジャンプ)
閉じる