【JKラングラーアンリミテッド】内装外装好きなところを紹介

JKラングラーアイキャッチ

突然ですけど皆さん、車お好きですか?
私、「車」好きなんですよね。

で、いきなりなんですが私の現在の愛車はコレ。

JKラングラーアンリミテッドスポーツ(2017年車)

  • 角ばったフォルム
  • 丸いヘッドライト
  • オーバースペックな走破性能
  • アメ車

かなり好みの分かれる車種でしょうけどね、かなりお気に入りなんです。

ということでね、今回のテーマは「ラングラーってこんな車だよ」。
ラングラーに乗ってみたいけど迷っている、そんな人の参考に少しでもなれば幸いです。

紹介しといて何ですが、JKラングラーは現行車種ではないため新車購入はできません。

目次(クリックでジャンプ)

JKラングラー基本スペックを見るとそんなにアメ車っぽくない

JKラングラー
  • 型式:ABA-JK36L
  • サイズ:全長4705×全幅1880×全高1845mm
  • 重量:2020kg
  • 最小回転半径:7.1m
  • 燃料:無鉛レギュラーガソリン
  • 燃料タンク容量:85リットル
  • タイヤサイズ:245/75/R17
  • 駆動方式:パートタイム4WD
  • ミッション:5速AT

アメ車。
アメ車のイメージと言えば、「車体がめっちゃ大きい」「排気量がえげつない」このあたりでしょうか。

ただまあラングラーに関してはそういった意味でのアメ車感は全くなし。
良くも悪くもアメ車というより日本のSUV的な感覚で乗れる車です。

それから、アメ車といえば故障しやすいイメージのお持ちの方も多いでしょう。
今のところ、走行不能になるような致命的な故障は一切ありません。

定期的なメンテをしてやれば、「アメ車=壊れやすい」の公式はあてはまりません。

そもそも雑に乗ることを前提に作られた車種ですから、多少雑な扱いをしても勘弁してくれる懐の深い車なのです。

車体サイズはランクルプラドより小さい

ラングラーの重量は見た目のゴツさ通り2t超えのそこそこヘビー級。
ですが、外形寸法を数字で見ると意外にコンパクト。

アメ車のSUVと聞いて、駐車場が困りそうだからと購入をためらっているそこのあなた!

ラングラーのボディサイズ的は国産SUVとさほど変わりません。

JKラングラーアンリミテッドは全長4705×全幅1880×全高1845mm。
で、現行(2020年2月現在)ランドクルーザープラドのサイズが全長4825×全幅1885×全高1835mm。

なのでね、実はラングラーはプラドよりも小さいんですよね。

角ばってるから大きそうに見えるけど全然そんなことはありません。

高さはプラドよりは1cm高いですが、まあ1cmの差なのでほぼ違いはありません。
屋根付き駐車場は高さに注意ですが、車高を上げていなければ2m以下の屋根付きは楽勝。

日本の道路事情にも駐車場事情にもマッチした車と言えるでしょう。

最小回転半径は大きく小回りはきかない

「最小回転半径:7.1m」

これ、かなり大きい数字です。
最小回転半径が大きい、つまりラングラーは小回りが利かないということなのです。

先のボディサイズで例に挙げたランドクルーザープラドで5.8m。
比べると大きい数字であることがおわかりいただけるでしょう。

最小回転半径とは?

ハンドルを全開に切って旋回したときに、一番外側のタイヤが描く円の半径のこと。
これが小さいほど小回りが利く。

とはいえ、よっぽど細い路地に入らない限り特に問題ありません。
立体駐車場も全く問題なし。

私の住む北海道でいえば、まず間違いなく主要道路は余裕で走行できます。
札幌の駅前やすすきの界隈を走っても何ら不便はありません。

ラングラーの魅力は可愛らしい見た目と雪国でも文句なし走破性

雪道にラングラー

ラングラーの魅力は何といってもまず見た目。

可愛いのかカッコイイのかなんとも言えない見た目、私は大好きです。
私の場合、購入の決め手ははっきり言って見た目です。

そして性能面で確実に伝えたい魅力は何よりも走破性の高さ。
どんな道だろうと「ま、なんとかなるっしょ」という走破性に対する安心感がマジで頼りになります。

私の住む地域は北海道の中でも雪の多い地域。
ですが、どれだけ雪が降ろうと何とかなるだろうという安心がたまりません。

降雪地帯に住む方なら共感して頂けるのではないでしょうかね。

雪国居住者には絶対的にオススメしたい車ですね。

ラングラーの燃料はレギュラー、燃費は気にしちゃいけない

燃えるお金

ラングラーはレギュラーガソリンでOK。

もちろんハイオクを給油しても何ら問題ありませんが、エンジン性能だとか走りのことがチンプンカンプンな私はいつもレギュラーを迷わず選んでいます。

燃費は7km/Lくらいですかね。
正直燃費のことは全く気にしていないので測定していません。

燃費を気にする方をディスるつもりはないんですが、ぶっちゃけ「燃費を計算して何の意味あるの?」ってのが私の本音。

あ、燃費のいい車を求める方にはね、ラングラーは全くもってオススメできません。

ラングラーに乗るならば、燃費を気にしてはいけません!

パートタイム4WDはメカ感があって好き

トランスファーギア

ラングラーは2WDと4WDを車内にあるレバーによって切り替えることができます。
パートタイム4WDというやつ。

舗装道路や多少の砂利道は2WD。
雪道や凍結路面の発進時は4WDに切り替えて使っています。

切り替え方は簡単。

サイドブレーキ付近にあるレバーを「2H」から「4H」の位置へガッコンと移動してやればOK。
切り替わると、水温計上部にオレンジ色で「4WD」と表示されます。

4WD

レバーが固くて、なかなか切り替えられない時があります。

そんなときは低速走行しながら、シフトレバーを「N(ニュートラル)」に入れた状態だと切り替えやすくなるのでお試しあれ。

速度60km以下なら走行中の切り替えも問題なし。
私もしょっちゅう走行中に切り替えますが全く問題ありません。

車の個体差もあるかもしれませんが、停止中よりも走行中の方が切り替えやすいような気がします。

一回やればこんなもんかと感覚がわかるでしょう。
何となくコツのようなものはありますが、腕力は不要なので女性でも安心です。

この2WDと4WDを切り替える作業、メカを操作してる感満載で好きなんですよね。

時代遅れな標準装備(ヘッドライト=ハロゲン・ETCとナビは無し)

jeep

ラングラーの外観的な大きな特徴と言えば可愛らしい丸目のヘッドライト。

このヘッドライト、この時代に標準装備はハロゲンランプです。

今時ハロゲン?なんで?

実はハロゲンランプ装着にはちゃんと理由があります。

ハロゲンランプであるために発熱量が大きく、雪が付着しても溶けやすくするためなんだそう。

ま、雪の少ない地域には全く不要な機能ですけどね。

達ブログ

理由あってのハロゲンだけど、夜道はやっぱり暗いよね

しかもETC・カーナビはオプション装備。

今時ナビも標準装備じゃないんかい。
「ま、ラングラーだからいいか」って許せちゃう人に乗って欲しい車です。

オープンカーになる世にも奇妙なSUV

jeep

ラングラー、SUVなのにオープンカーになっちゃいます。

ラングラー最大の特徴と言えるでしょう。

晴れた日はマジで超気持ちいい。

よくあるオープンカーの場合、パワーウィンドウのように自動で開き屋根部分が格納されます。
スタイリッシュでスマートで素敵ですね。

が、ラングラーのオープンを舐めてもらっちゃあ困ります。
優雅にオープンなんてできやしません。

人間が手動で屋根を外してオープンカーにするのです、それがラングラー流なのです。

しかもこの屋根が結構重い。
カッコつけて一人でやるとどこかしら体を痛めかねないので、二人以上で外すことをオススメします。

で、外した屋根は車内に収納できるはずもなく、家に置いておくことになります。
つまり、走行中に雨が降ってきてもどうにもできません。

どうです?そこらのオシャレなオープンカーとは随分毛並みが違うでしょ?

気合を入れてオープンにしましょうね。

JKラングラーの内装は時代と金額を考えれば不合格

怒るネコ

JKラングラーの内装、はっきり言って大したことないです。

  1. 空調がザル
  2. 後部座席の不便さ
  3. ドリンクホルダーの使いにくさ
  4. 乗り降りのしにくさ

まずこの4点はJKラングラーの内装不満四天王。

この4点は不満の中でも強者であり、実際のところ細かく言えばキリがありません。
日本車の内装、あの価格であの性能はコスパ抜群だったんだなと痛感するでしょう。

基本的に、JKラングラーの内装に期待してはいけません。

唯一内装で声高に褒めておきたい点は1つ。
運転席の高さ調整ができるのが小柄な我が家にとっては結構ありがたかったりします。

JKラングラーは空調システムがザル

JKラングラー、特に空調関係がしょぼい。

夏は暑いし冬は寒い。
良く言えば季節を感じられる車ですかね。

ハンドルヒーターはもちろん、シートヒーターもありません。

極めつけは空調の吹き出し口がフロントのインパネ回りにしかありません。
そのため、特に後部座席は夏暑く冬は寒いのが如実に感じられます。

後部座席のために温度調整すると、運転席・助手席が夏寒く冬暑い状態。
車内の温度調整はちょっと難しいですね。

「快適」って何ですか?

3ナンバーなのに後部座席のリクライニング不可

後部座席、背もたれのリクライニングができません。

3ナンバー登録なのにね。
1ナンバーで後部座席倒れないのは理解できるんですけどね。

こんな角度直角すぎて疲れるだろってお話です。

後部座席は人を乗せるためというよりは、本来荷物を載せる空間。
荷物が無いときには人が乗ってもいいよ的なニュアンスで捉えておけばよろしいかと存じます。

「リアシートのリクライニングができない」と書きました。
が、後ろ側には倒れませんが、前側には倒せるのです。

「人」ではなく「荷物」のためならJKラングラーは頑張ります。

リアシート部分もトランクの一部となり、積載容量が大幅UP。
キャンプに行くときや車中泊するときには重宝する機能です。

だけども、これには落とし穴があります。

JKラングラートランク

写真でわかりますかね?
リアのセンターヘッドレスト取り外しています。

そう、リアのセンターヘッドレストを取り外さないとヘッドレストとコンソールが干渉して最後まで倒せないのです。

達ブログ

なんでやねん!

これはさすがに設計思想が意味不明。
ラングラー愛のある私にも弁解しようがありません。

ということでね、我が家ではリアシートのセンターヘッドレストを捨てました

外して保管ではなく捨てました。
あれ、結構かさばるし保管しにくいんですよね。

取り外しても車検問題ありません。
リアのヘッドレストを外した状態でも問題なく車検取れましたよ。

楽天car車検

ドリンクホルダーの位置と深さがビミョー

ラングラーのドリンクホルダー

運転席と助手席の間にあるドリンクホルダー、これが絶妙に使いにくい。

まず位置が運転席寄りのため、運転席からは近すぎて入れにくい&取りにくい。
そしてなぜか結構深く、短めの缶や紙コップはすっぽり隠れてしまいます。

それともう一点。

縦並びになっているので、2人で同じパッケージの飲み物を入れているとどっちが自分のかわからなくなります。

ま、これは使う人の性格にもよりますかね。

乗り降りしにくい=掴まるところがない

ラングラーは乗り降りしにくい。

これは車高が高いからというのがそもそもではありますが、何と言っても掴まるところがないんですよ。

運転席であればハンドルを掴むか、他の場所ならシートを掴むしかありません。

取っ手をつけようかと計画しましたが、結構値が張るのでまだ手が出せていません。

購入したら取り付けに関しての記事も書きますね・・・、いつになることやら。

ちりばめられる遊び心にアメリカを感じる

ラングラーの遊び心

そういえば、JEEP(ジープ)車に共通するデザインってご存じですか?

フロントマスクのセブンスロットグリル(縦長の穴が7つ並んでいるデザイン)。

これ、著作権で保護されているもので、ジープ以外では使用できないんです。
それでこのセブンスロットグリルのデザイン、内装・外装問わず色々なところにちりばめられています。

車の性能には全く関係ありませんがね、こういった遊び心は粋に感じたいところです。
アメリカのこういったユーモラスな部分は日本車にも是非取り入れてもらいたいですね。

さりげない遊び心、好き。

まとめ:JKラングラーはロマン・粋・遊び心の車

手で作るハート

JKラングラーの魅力
・見た目
・走破性
・遊び心
・排気量の割りに車両価格安い

JKラングラーの不満
・小回りきかない
・燃費悪い
・内装がしょぼい

不満はしっかりと、魅力はぼんやりとお伝えする記事になってしまいました。

ラングラーは環境性能や効率を追求した現代車とは全く違います。
ロマン・粋・遊び心を味わうための車なのです。

  • 燃費
  • コスパ
  • 必要最小限

車に上記のような要素を求めている方には、正直ラングラーは全くオススメできません。
むしろこれらとは真逆の車と考えて差支えないでしょう。

それから、アメ車と言えば故障しやすい印象をお持ちでしょうか。
私の場合は新車購入したこともありますが、走行不能に陥る致命的な故障は一切なし。

中古車を買うにしても、タフに使いまくった個体を購入する場合はアレですが、認定中古車あたりを選んでおけば過剰な心配は不要でしょう。

そして最後にラングラーっぽさを1つだけ紹介。

ラングラーの車検証ケース

どうです?この車検証ケース、付属品とは思えない程カッコよくないですか?

黒い布地に緑色の刺繍で「Jeep」。
これはね、贔屓目なしにしても相当カッコイイです。

ただですね、この車検証ケースなんせ大きい。

車検証と言えば、助手席のダッシュボードが定位置と勝手に思っていましたがラングラーの車検証ケースが大きすぎて収まりません。

助手席ダッシュボードは勿論の事、車内のどこの収納にも入りまえん。
で、車検証ケースはトランクに入れるのがラングラー乗りの常識みたいです。

楽天car車検

おまけ

JKラングラー、見た目通りタイヤが大きいです。

タイヤの保管にはこんなラック使ってます。
ちょっとグラついて不安な感じもありますが、1年使用で今のところ大丈夫そうです。

JKラングラーアイキャッチ

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
トップへ
目次(クリックでジャンプ)
閉じる